オタクを転がして経営再建は可能か

公開日: : note・月額マガジン, オタク, ホール Comment(0)

客のいない萌えコーナーを見て、オタクを取り込むホールと取り込めないホールの差は何なのかを考えてみました。ちょっと長めなので、二日がかりです。

目次

  1. アニオタといえば秋葉原アイランド
  2. なぜアイランドは成功し、ビッグアップルは凋落したのか
  3. 秋葉原まどマギ戦争、第三章
  4. なぜアイランドのポスターはオタクの心を捉えて放さないのか
  5. アイランドの本質はオタク特化「ではない」

本文→【note9月号

オタクとパチンコといえば外せないアイランド。

ガチでオタクを転がして経営再建したホールです。

明日は幸手チャレンジャー、スロつる、大宮どんじゃら、ジャンボ菅原を取り上げます。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画大量購入

マリーのマニュアル作成を終え、強烈な解放感に身を委ねる形で漫画を色々買ってきた。 ほ

記事を読む

no image

マリーネタ最終回?

https://twitter.com/epachinko/status/1185244534524

記事を読む

no image

太田啓子弁護士 今度は献血勧奨ポスターに噴き上がる

https://twitter.com/t_yabuhara/status/118446832719

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑