れいわ新撰組は他の野党と共闘すべきか

公開日: : note・月額マガジン, 政治・社会 Comment(2)

https://note.mu/miraisyakai/n/na1ce452e4aba

素晴らしいnote記事だと思う。

はるさんの凄まじさは、全て個人で分析している点。リベラル指向なのだけど、決してアベ批判を叫んだりせず、選挙結果を怜悧に分析する。格好いい。

私も選挙直後にれいわ新撰組を分析しました。

https://note.mu/epachinko/n/n487e3feca13a

「はるさんと比べて私のは素人分析」と自分を下げるつもりだったんですけど、読み直したら結構面白かった。はるさんの分析と合わせて読むと、日本に新しく誕生した被害者層を潜在的支持母体とするれいわ新撰組は、既存野党との相性を考えた場合、安易な共闘をすると失敗するように思う。

数合わせの前にまず目に見える形で政権公約へ挑戦してみる姿勢こそ大切。N国(NHKから国民を守る党)の大失敗は党名を無視してマツコデラックスだの崎陽軒だのと政権公約以外に熱を上げてしまった点にあるわけさ。その一方で山本太郎は早くも全国遊説(ツアー)を始めており、公約にのみ熱を絞り込むことで、まずは鉄板支持層を固め広げていくことで強くなると思う。共闘はその先でしょう。

  スポンサーリンク
 

 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    凄く分かりやすい記事ですね
    特に図1.第48回衆院選の政党支持率が、普段見えにくい「無党派層」を如実に可視化していていいですね

    で、その下にあったこの記事
    「ひとを顔で判断するなって言うけどね。」
    ps://note.mu/fumiken/n/n57c09a8101ed
    うん。なんかわかる。ぼやっとだけど自分が目指しているのはそこな気がした

  2. いんちきパチプ より:

    やべぇ
    noteのこちらもおすすめのハメパターンに入ったw
    「私たちは、絶対にわかりあえない」
    ps://note.mu/kyoukn/n/n3845a4f2904d
    この記事もいい
    ある意味自慢なんですけど、実はワイ、結構早い段階でここに達していました
    主に恋愛を主軸としてではありますが、男と女である時点で今まで積み重ねてきたモノが違うなと感じて、それからは「相手を何処まで許容できるか」そして許容できないならば離れればいいだけと思うように
    相手に自身の常識を求めるのはなるべく避ける方向と言うか・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マリーネタ最終回?

https://twitter.com/epachinko/status/1185244534524

記事を読む

エアポートおじさん

空港に行くと舞い上がっちゃってSNSにアップしまくる中年男性のことを「エアポートおじさん」と

記事を読む

no image

太田啓子弁護士 今度は献血勧奨ポスターに噴き上がる

https://twitter.com/t_yabuhara/status/118446832719

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑