税の三原則【公平・中立・簡素】

公開日: : 政治・社会, 経済 Comment(0)

間もなく消費税増税だけど、日本政府は「簡素」という言葉の意味を知っているのだろうかと疑いたくなる。

ラブホマリーの社長曰く。

「うちのホテル、部屋に冷蔵庫のない部屋がいくつかあるんだよね。冷蔵庫の飲み物を飲むと8%なんだけど、フロントにドリンクとして頼むと10%になる。同じ缶ビールでも缶ジュースでもそう。おかしいでしょこれ」

公平でも中立でも簡素でもない消費税増税。

印西市でもクーポン券の販売をやっていて、所得税を支払っていない個人を対象に、25,000円分の買い物をできるクーポンを20,000円で販売してる。母はこれの対象になったのだけれど、市役所へ行って、手続きを行い、数ヶ月待つともう一度呼び出され、窓口で交付されるんだって。

この面倒臭さや情報へのアクセスに加え、そもそも貧乏人は2万円をいきなり用意できないという問題を解決できないし、20,000円で25,000円を買うという行為を「損」と考える人は多いのだそうだ。手元から2万円を失うという感覚になるっぽいのよね。

結局の所、財務省の公務員も政治家も「上の方の人達」なんだよね。損得は数字だと考えてる。違う。下流へ行けば行くほど、損得は感情。しかも瞬間の感情なんだ。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアポートおじさん

空港に行くと舞い上がっちゃってSNSにアップしまくる中年男性のことを「エアポートおじさん」と

記事を読む

no image

太田啓子弁護士 今度は献血勧奨ポスターに噴き上がる

https://twitter.com/t_yabuhara/status/118446832719

記事を読む

no image

同僚をいじめていた教員の言葉と「生け贄」

https://twitter.com/yoshikawanori/status/118459240

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑