ビジネス会計検定試験3級・6 貸借対照表の形式

公開日: : ビジネス会計検定3級 Comment(0)

貸借対照表の形式とは

貸借対照表の形式は2種類あります。一つは昨日のように左右で分けた「勘定式(かんじょうしき)」。もう一つは縦にズラズラ並べた「報告式」です。

 

それってどういうこと?

勘定式→主に株主への報告書に使う。右(負債と純資産)はどこから資本を集めたか。左(資産)は集めた資本を何に使っているか。

 

報告式→主に一般人向けの有価証券報告書に使う。資産、負債、純資産の順番に並べる

 

どうして必要なの?

諸説ありますけど、要は「見やすさ」。並べ替えてるだけだから惑わされないようにしましょう。

 

ムダ知識

貸借対照表は「資本の源泉」「資本の使い道」という全く異なる視点で分けるため、左右に分かれていた方が直感的に分かりやすいのだけれど、いかんせん横長になってしまうため、小さな文字で読みにくくなるのよね。

同じく財務諸表である損益計算書は一般的に報告式で書かれるため、貸借対照表も報告式を用意されるようになったという説。

 

まとめ

貸借対照表には左右に書き分ける勘定式と、縦長の報告式がある。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ビジネス会計検定試験3級・12 貸倒れ

貸倒れとは 貸した金が返ってこないこと。集金した手形を現金化できないこと。ツケで販売した代金を払っ

記事を読む

no image

ビジネス会計検定試験3級・11 流動資産の種類

主な流動資産 現金・現預金 いわゆる現金。政府発行の通貨。預貯金。通貨代用証券という謎の証券も現

記事を読む

no image

ビジネス会計検定試験3級・10 資産の種類と金額

レンタカー回送や家族旅行が続いたためお休みしていたビジネス会計検定試験3級の記事。三日坊主ならぬ九日

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑