緊急放送で目が覚めた

公開日: : 個人ネタ, 政治・社会 Comment(2)

note執筆中に寝落ちしてしまいました_| ̄|○

利根川水系で氾濫危険水位に達したようで、印西市も洪水用の避難場所を開設したとのこと。

利根川て、あんなデカく河川敷の広い川なのに・・・・・・。でも荒川や多摩川でさえも氾濫しちゃうんだから、利根川だって油断しちゃいけない。

画像中央にある「印西市(いんざいし)」は市役所のある位置です。北はすぐに利根川で渡れば茨城県。西は手賀沼、東は印旛沼。つまりは低地なんです。

我が家は市役所から南下し「草深(そうふけ)」の西側、泉の南、北総線のラインあたりに位置します。市内で最も高い位置にあるため大丈夫だと思うんだけど、いかんせんマンションの一階だから洪水となったら水没・・・・・・?

 

テレビを点けたら

おファッ!?Σ( ̄◇ ̄;)

新幹線が水没してた。北陸新幹線だよね?? なんであんな山間の場所で!?

と思ったら千曲川の氾濫ですか。武田信玄の堤防で有名だよね。長野はお世話になった山本商事さんがあるので心配です。

さらに、静岡県函南町の「めんたいパーク」周辺も浸水していると報道されていました。先日の伊豆旅行で立ち寄ろうかと話していた場所なので、母も神妙な面持ちでテレビを見つめています。「ここ、一昨日通った場所だよね・・・・・・」って。

 

全国の河川はどうなってんだとネットを開いたところ、

(´ ゚д゚)は?

東日本・・・・・・。

千曲川、信濃川、入間川、多摩川、阿武隈川、広瀬川、阿賀野川と、私でも知ってるような有名河川を数多く見かけます。いや、これは・・・・・・。

河川近くにお住まいの方、十分お気をつけください。

私も気をつけます。

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. さんごう より:

    利根川は昔は阪東太郎と呼ばれて、度々水害を起こしていたらしい。
    印旛沼から東京湾への放水路を作って、利根川の洪水対策その他もろもろを行おうってのは、江戸時代からやっていたらしく、有名な田沼意次も乗り出したことがあるらしい(失敗したが)
    昭和になってから放水路(新川から大和田排水機場を通って花見川)が完成したらしいから、それまでは相当苦労したものと思われる。

    • へええええ!
      坂東太郎ってうどん屋のイメージしかなかった

      そういや八ッ場ダムの再開を決めた前田大臣も「利根川は昔、東京湾に注いでたんですよ。今の流域は土壌がゆるい」みたいなことを言ってたらしい

      確か、利根川から江戸へ抜けるルートがあったと聞いたことあるけど、放水路のことか

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初めてのN-BOX

なるほど。こりゃ売れるわ。

記事を読む

スカイライナー初乗車

千葉NT→TXつくば(電車) TXつくば→大宮(レンタカー回送) ファンタジーランド

記事を読む

お金持ちの子息が募金活動

茨城県で最も偏差値が高く世帯年収も高い筑波エリア。その駅前であしなが募金をやっていた。

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑