インターネットと日本人の美徳

公開日: : 個人ネタ Comment(0)

ネットってさ。

例えば私が、「国道○○号を60キロで飛ばしていると~」なんて書いたりするじゃん。そうすっと誰か、声を上げるのね。

「吉田さん、○○号の制限時速は40キロです」って。

さあ、炎上の開始だ。

 

「あいつ、普段は偉そうにしてて制限速度も守れないの?」

「調子こいてるからそうなる」

「いつも楽しく拝見してますが、軽蔑しました」

「スピード違反をネットで自慢する神経が信じられない」

「違法デブ死ね」

 

まあ、こんな表現は序の口で、【自分は正義、アイツは悪】というポジションを取ったとき、人間はどこまでも容赦なく相手を叩くんだよ。ほら、韓国の反日って、この形じゃん。

 

でね。叩いてる人は、人生で一度もスピード違反をしたことないかってーと、そんな事はない。でもそれを指摘すると、「俺はネットで自慢なんかしてない」とか、「お前は有名人だから」とか、理由にならない理由をこじつけてくる。

 

厳しく自己を律し、他人へは寛容の姿勢で臨む。ってのが、いわゆる日本人の美徳なんじゃない? 完全に逆じゃん。

 

・・・というようなコラムがあってね。

散々炎上を体験してきた私にとっては他人事じゃないんだけど、これ、納得できそうで納得できない。

だって、己に厳しく他人へ寛容って、別に日本人の美徳じゃないしね。謙譲の精神や公共マナーは美徳だと思うけど、根底に流れるのは「他人の目」から生まれる「恥の概念」でしょ。

他人の目を気にしない人は、昔から、己に甘く、他人へ厳しいよ。洋の東西を問わず、そうじゃない?

まして、ほぼ匿名でいられるネットでは、恥の概念は消し飛びやすい。まあ、実名で消し飛んじゃってる人もいるけどさ(私)

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先日買った富士通ゼネラルのエアコン ネットで価格を調べてみた

近所のノジマへ行ってみたら、取り付け工事込みで30万円近かった。 コジマ電機ネットショップでも

記事を読む

no image

いびき対策新兵器 抱きまくり枕

睡眠時無呼吸症候群にはなりたくないので、少しでもイビキの書かない寝方を試しています。 舌の奥が喉へ

記事を読む

no image

引っ越しの総仕上げ

管理組合へ提出する書類を書いたり、銀行のオンライン手続きをしたり、電話線の工事を受け入れたり、なんか

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑