私の師匠(勝手に)とも言える人

公開日: : 最終更新日:2014/11/09 お仕事, 個人ネタ Comment(6)

何度か書きましたけど、私の新台レポートは、「よいパソコン、悪いパソコン」と、徳大寺有恒著「間違いだらけのクルマ選び」から始まっています。

前者からは「同じ基準で全機種を評価する姿勢」を学び、後者からは「批判や圧力を恐れず自分の言葉で批評する姿勢」を学びました。

小学5年、わずか11歳の時、二つの書籍へ出会えたことで私の人生は決まったと言えるでしょう。

 

そんな徳大寺氏の訃報を聞き、涙するわけじゃないんだけど、仕事をする手が、まさに彼を師とする新台レポートを書く手が、止まってしまいました。

 

思い出すなぁ、初めて読んだときの衝撃を。日産好きだった私にとって、トコトン日産車を貶す同著は悔しくてね。初代プリメーラを絶賛したときはガッツポーズでしたよ。

覚えてるのはVWゴルフの記事。記憶頼りだけど、こんなことを書いてありました。

 

 日本の高級車は接待用の車。白いセダンでゴルフバッグを4つ積み込むことを想定している。だからツマラナイ。

それ以外の大衆車はラゲッジスペースを無視し、あたかも貧乏人のクルマはこの程度で良いとでもいう設計をしている。

VWゴルフは大衆車でありながら、ゴルフバッグを4つ積める。ハードトップ車のように後席の居住性を犠牲にしたりしていない。人と物を遠くまで楽しく運ぶという、クルマの基本が完成されているのだ

 

この感覚な! 痺れるだろ!

この感覚こそ、私を「評価者」へ導いてくれたのよ! パチンコの基本ってなんだ、液晶演出の基本ってなんだ、ホール接客の基本ってなんだよと。

 

まあ、ドイツ車を過剰に褒め称え、同じことを日本車がやっても貶すだけということも多かったけど、それすらも「芸風」として浸透していましたね。

 

ご冥福をお祈りします。私もパチンコ機の批評を続けていきたい。一人の評価者として死にたい。ありがとうございました。

 

Comment

  1. 黒霧 より:

    昔テレビ番組やってましたよね?

    中学生の頃車の営業マンがボロカスに言われてたのを見て厄介な人だなぁと思って見た記憶があります。

    ただその後いつか見た時大絶賛してたんですよね。中々絶賛する回は見れなかったですけどねww

    写真見てフッと思いだしました。

    • 出てましたね。固いサスペンションを日本車だと「ごつごつしている」と批判し、欧州車だと「スポーティで走る喜びを感じる」と絶賛する。

      とうとう最後まで、あの姿勢は変わりませんでした。

      徳大寺さんの凄まじい点は、同じクルマを翌年、真逆の評価にしちゃうところw 正確さとか一切関係なしwww

  2. 円高容認 より:

    シルキーなエンジンて評価してたけど、何となく理解したことを覚えてる。

  3. メタ凡 より:

    絹のようになめらかに回るエンジンw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アプローチの練習を邪魔する黒いアイツ

なんでピンポイントにそこ座ってんだお前。

記事を読む

no image

関西大学 関西学院大学

https://twitter.com/lit_soc/status/997835516983758

記事を読む

パチンコ業界より酷い若者離れ業界があった

https://twitter.com/tmaita77/status/99781431103568

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑