まわるん大海3の現状を見て

公開日: : 業界ネタ , Comment(0)

パチンコの現状を憂いつつ、感謝

大海2や沖縄3の導入時期と比べ、あんまり良くないね。茂原界隈ではそれなりに回す店も多い。今のところ、「もともと海で集客できているホールは、大海3も高稼働」ということみたいだ。

ただ、新機軸のため、まだ結論を出すには早いとも思う。「今までと違う機械だけど、今までと同じ基準で評価した場合、ダメ」という理屈は、レポートを書くときにいつも葛藤する部分だ。

いずれにせよ、納品前に「機械代は回収できるから開けて!」と書いたことに対して、応じてくださったホールさんには感謝します。ありがとうございます。心から感謝します。

 

転じて、私のこと

まわるんぱちんこを回さず、機械代をブン抜くべきだったのか? そもそも買わずにスルーすべきだったのか? 納品前にスタンスを決め、回せと主張した私は?

あれで、「吉田は三洋の軍門に降った」とか、くだらない噂も耳にしましたよ。それを思えば、リスクばかりの発言だった。

スルーして、何もいわず、結果を見てからしたり顔で論評する。そういった利口な、小利口な生き方を私はできるのか? とか、色々考えちゃいますけどね。

「まわるんパチンコなんだから、海なんだから、回せよ!」と主張した一点については、間違ってなかったと思う。仮に超低稼働で終わったとしても、だ。

大海3に関して後出しジャンケンは許されないんだよ。それほどの注目機種、業界の未来を占う機種なんだから。結果、正しくても、間違っていたとしても、事前の論評から逃げることは許されなかった

 

善戦しているホールの特徴(サンプル少)

とりあえず、元々海の強かったホールを除けば、

沖縄3の一次撤去(保管)を行ない需給バランスを整えた

ヘソ比率を上げ、確変中に減ってもいいから電チュー入賞率を下げた

ただでさえきついスランプを緩和するため、道釘を上げた

そんなホールは、意外と善戦しているように見える。残念ながら、回すホールは高稼働という形には、現状なっていない。

図らずも、「回るパチンコに関するコラム」の正しさを証明する結果になってしまった。

 

そも回るとは何ぞや

  1. 回るとは、ボーダーを超えることです(負けても我慢できる)
  2. 回るとは、大勝することです(回らなくても我慢できる)
  3. 回るとは、昨日よりS値を少し上げることです(ホール)
  4. 回るとは、S値を下げにくくすることです(メーカー)

 

これらを全て一律に「回る」と表現するのは、やはりどこかに無理を生じさせるよね。

人によって異なる「回る」の定義を今一度考えなおしたとき、大海3の苦戦は、2番のファン(回らなくても大勝ちできればいい)ばかり残ってしまったという、客層の構造変化に起因するのではなかろうか。

そう考えたとき、MAXを出せなくなる今後は、客層の構造変化を再度促すかもしれない。エコパチと歩を一にするかは分からないけれど、私はそこに、最後の希望を見出します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マリーナサンライズ

第一の目的地に着きました! すげぇ混んでる(汗) 沖ドキを打とうと思ったんですけど、いつ

記事を読む

回りさえすれば

仕事を受けた場合、当然、内容については秘密となります。ブログには書けない。 複数の仕事を受けると、

記事を読む

マースの株価 飛び上がる

なんじゃこりゃwww ♪マース マース マース ひろっしま ('A`) 減収減益でも黒字を

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑