吉田の勝率

公開日: : パチンコ, ホール, 個人ネタ Comment(2)

昨年の収支は-63,800円だったわけですけど、122戦したわけだから、1戦当りなら-523円だ。

 

・・・ああ、なるほど。

統計資料を基に「一人当りの負け額はそうでもない」と言ってしまう謎コンサルは、そういう理屈なのか。私のデータを使えば、「ワンコインで楽しめる庶民の遊技!」となるね。

 

27勝95敗(勝率.221)

おいおい二軍落ちのバッターか(‘A`)

 

年間6万円負けてもいいから、61勝61敗くらいにならねえの?

 

勝ったときは+12,800円平均。
負けたときは-4,300円平均。

 

これだけ見れば勝ち続けてるように感じちゃうけど、それだけ負けの回数を多く積み重ねてるということ。少しずつ負け続け、たまにドカンと勝つ。何度だっていうけど、人を夢中にさせる勝利の単位、気持ちを離れさせる敗北の単位は、円じゃなく、回だからね。

61勝61敗1分で6万円の負け
27勝94敗1分で6万円の負け

 

上を選ぶ人は退場し、下を選ぶ人だけ残った。逆にいえば、下を好む人なら今のパチンコに適正を持つわけで、そういう人へPRできる戦略を練る方向で進むべきなのでしょう。

 

ちなみに私は、61勝61敗で6万円勝ちたいです(ハナクソホジー

 

 

 

Comment

  1. の☆ミ より:

    その考えが危ないのです。

    下の適性を持つ人へ向けた「台作り」「台選び」
    を続けた事が、今の「客減らし」に繋がった。

    下の適性を持った人の中にも引退予備軍は居る
    訳で、更なる遊技人口の低下がそこへは待ち受
    けていると感じています。

    • ありがとうございます、そうです、その通りです!
      現状に合わせた戦略を練ったって、ファンを減らすだけなのですから。

      そもそも、
      【ファンを増やそう → 負ける回数を増やそう(1回当りの勝ち額を増やそう)】
      この感覚が馬鹿すぎて涙も出ない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボンペイ吉田の切れ味

2007年あたりのブログ記事や小説を読むと、こいつは誰やねん!?と驚く切れ味を持っていたりする。完全

記事を読む

今はひたすら、心のままに

実家の方で色々ありまして。 それを受け、今年のうちに多くのインプットをしておこうと旅に出て、抱えて

記事を読む

パチンコ感謝の旅・北日本編9 Dステーション利府店@宮城県利府市

ディーステーションを運営するNEXUSはマルハンと不仲という噂だったのよね。でも、メガガイア対策で手

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑