小柳課長への感謝とか

公開日: : 業界ネタ Comment(6)

愛が消えて1年

パチンコへの愛は消えたと書いて1年くらい経ったかな。とある開発さんから言われた、「吉田さんが好きそうな機械は売れないよ。売れない機械は作れない」と、ごもっともすぎる正論を開発さんから聞かされたとき、気付いてしまったのよね。

そうか、売れない、作れない。ならば私の打ちたい機械は二度と登場しない。つまり永遠の片思いだったのかと。10年、15年間と、いつか実ると、いつか通じ合えると無邪気に信じていた自分は、滑稽なだけの無能だった。

それでも、何かを評価する仕事をしたいという子供の頃からの夢は叶い、支えてくれる100以上の顧客に恵まれた。両想いにはならなかったけど、パチンコという夢の中で生きる幸せを感じている。そうね、少し足りないくらいの満足、これこそ腹八分目で良いのではないかしら。

 

 

そうか、パチンコは遂に死ぬのか

ところが5月。ネットで拾った一枚のFAX情報に、私は固まった。警察から健全化推進機構への要請文、いわゆる「オマケ入賞口問題」だ。読んだ瞬間、パチンコ業界は終わったと思ったね。MAX規制、AT規制とは次元の違う話だったから。

これでパチンコは幕を引かれ、カジノの時代になるのかな。それもまた詮無きこと。歴史の終わりに立ち会えたのだから・・・なんて感傷的になったとき、パチンコへの愛は消えてないと自覚してしまった。片思いに気付いたのも遅いし、愛を消せなかったことに気付くのも遅い。なんという恥ずかしさだろうか。

 

 

警察によって示された、生存への道

警察と機構とのやり取り文章を、これまたネットで拾い見し、待てよと。これは違うぞと。何度読み返しても、何十回読み返しても、「パチンコ業界を潰そう」という意志は込められていなかった。むしろ、生き延びさせよう、生き延びさせるためにはこの道しかないという意志さえ感じた。

警察庁生活安全局保安課長の名前で発せられたこの文書により、パチンコ業界は、生まれ変わるための道を示されたといえる。

 

 

将来語られる「小柳文書」

私は警察官僚との接点なんてないし、むしろ今まで嫌悪すらしていた。小柳課長がどんな人なのか知らないし、会うこともないだろう。パチンコ嫌いという噂は聞くけど、そもそもパチンコ大好きな警察官僚なんて多くないだろうし。

でもね小柳さん。私は心から、ありがとうと言いたい。

生まれて初めて、警察に感謝しましたよ。あの文書は業界の福音となる、10年後、20年後。社会から認知され、繁栄を取り戻したパチンコ業界は、「全ては小柳課長の文書から始まった」と振り返るはずだ。

これでパチンコ業界は変われる。諦めていた片思いも、両想いになるかもしれない。短期的には羽根モノまで一律に規制されちゃうかもしれないけど、「高ベース」という方向性がある以上、マイルドな羽根モノは必ず復活する。

少なくとも未来は担保された。待てるよ、待てる。だって私は、片思いのまま15年待てたんだから。

 

 

テーマはのめり込み(依存症)対策

今まで何度かブログにも書いてきたけど、依存症ってのは個人の力ではどうにもならんのよ。私だって今、株依存だし。なりたくてなるんじゃない。「気付くと堕ちてる」ものだと思う。ここで大切なのは、依存症になったとしても破綻しないことなのね。周りや家族へ迷惑を掛けないレベルで止まれること。これが大切。

オマケを開け、ベースを高めるという行為は、一日に使える金額の上限を抑えることにつながる。つまり、ハマっても破綻しにくい。逆に、オマケを閉め、ベースを下げる行為は、カネを使う勢いを極大化させるため、依存になったとき破綻しやすい。

今回の文書への解釈は色々あるだろうけど、依存症(のめり込み)を破綻につなげないという一点において、警察の方向性は極めて正しい。カジノ法案が国会で審議されれば、警察官僚も国会へ呼ばれるでしょう。その時、パチンコは遊技の範囲であると言い切るため、業界を消滅させないため、ベースを開けさせねばならなかった。

 

ホール業界(特に現場)では今回の警察文書を軽く考えてる人が多いのかもしれない。でもね。ベースが辛いってのはつまり「遊技の範囲から逸脱する(≒賭博)」であるという認識だけは、持っておいた方がいいと思う。

ケイサツガーとか、メーカーガーとか言い続けた人は多いでしょうけど、今回ばかりは、ボールはホールにあります。

いや、違うな。ボールはホールではなく、ハンマーとゲージ棒を持つ貴方の手にあると言っていい。

Comment

  1. ズゴック より:

    一分間に4回転でも楽しめる機械の存在も必要になりますね。
    いまのままの台でベースを上げ、Sを落とした時、プレーヤーには遊び難さが残ると思われます。

  2. まさ より:

    まあ、ベース上げは必須ですよね。
    入賞口に玉が入らないパチンコとか、金払ってストレス貯まるだけだし、それこそ依存症の人間しか相手にしてない。

    ホールはどう考えてるんですかね。
    千円5回転でも楽しめる台を作れとかアホなこと言いそうだけど。
    実際そんな台あっても、ボーダー上回ってないと座れないですが。

  3. かえる より:

    回っても当たらないデジパチより、一つ飛び込めば大当りの…一発台の復活希望です。
    一発台ならメーカー釘いじらずに営業出来るよね。

  4. 生き残りたい。まだ生きてたくなる。 より:

    通常時のベースを上げたうえで、Sを落とさない。可能でしょう。
    要は「今も残ってくれている一般ファンの体感でそれほど違和感のない回転率」を維持すればいいんじゃないですか。
    つまり、ホール側の、勇気を持っての「交換率の変更」ですよ。

    多少の換金額の減少なんて、実際のところすぐ慣れる。
    僕自身も長年の一般ファンのひとりだし、この数十年いろんなことを体験してきたから、これは間違いないっすよ。
    だって「実質的には何のトクにもならないゲーセンのメダルゲーム」にさえ、老若男女が群がってるんですよ。
    つまり、今のパチンコパチスロの最大の問題点は、「投資金額=いま目の前から消えるお金」なんですよ。

    吉田氏のいろんな物言いは正直あんまり好きじゃない部分も多いんでアレですが、このブログは目を通しています。
    まあ会員ではないですけど。

    「吉田さんが好きそうな機械は売れないよ。売れない機械は作れない」という言葉が本当に開発の方から発せられたのだとしたら、彼はガチで問題点を何もわかっていない。
    吉田さんの好むそういう機械が業界を変えることになるのかどうかは別として。

    彼が言うところの売れる機械、もっとキツい言い方をすれば「自分が社内で評価されて、一時的に金を得られる機械」を目指して現場が遊技機を作り続けた結果、一般ファンは激減し、業界は大幅に縮小しているわけですから。

    彼自身はぜんぜんわかってないと思いますけど、はっきり言えば「重大な戦犯」のひとりですよ。彼も。
    要はその「今のホールに売れる方向性」自体が間違いってことです。
    そんなこともわからないのは悲しいですね。

  5. ロボ好きー より:

    ファンからは落胆より期待してる方が多いと思う。少なくとも私のまわりの古くからのファンはそう。ああなればいいなぁとか話題がつきないです。長年等価の渋釘で苦しんできました。と同時にホールが儲かってこそファンも存在できるわけだから儲かって欲しい。4円で遊べればもう1パチはいいかな。

  6. 白髭 より:

    「吉田さんが好きそうな機械は売れないよ。売れない機械は作れない」
    これは誰もが良く聞く話ですな。
    「店長が言うような機械は売れないんですよ。」
    だとか「2,000台位しか売れないでしょ」
    とかですな。
    メーカー様が我々を無視して開発された機械も販売目標10,000台が結果5,000台よりはましのように思えますがね。
    どんどん負けずに発信してください。
    伝えるパイプがあるんですぞ!
    我々の声や話は届きません。
    面白おかしくやってください。
    あなたが楽しんで真剣にやれば必ずだれかにとどきますよ。
    あと今回のメッセージは素直に聞き入れる必要がありますな。
    何からやれるのかはまだわかりませんが確かにおっしゃる通りですな。
    10年後も20年後もこの業界生かしておくのも我々にたくされた役目だ。
    そう伝わりましたよ。
    最近…回りくどいがキモに落ちますぞ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宮城県の最高レートってなんぼ?

某店は3.85円だった。 5000円賞品が1300玉。   宮城県遊協の竹田理事長は昔

記事を読む

no image

生活安全局保安課長 まさかの人事異動

パチンコ行政といえば警察庁生活安全局保安課。小柳課長、この時期にまさかの人事異動。 ソース【警察人

記事を読む

ジャスト30年後の予約投稿

なぜか2047年8月16日に予約投稿された。30年後は72歳か。 予約投稿で西暦はいじらないので、

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑