販売機種数は今がピーク?

公開日: : 株取引, 遊技機 Comment(0)

液晶のデバッグを行うハーツユナイテッド(デジタルハーツ)。株主優待で米を送ってくれるので、長く保有しています。

かつて最大の稼ぎ頭だった遊技機デバッグは売上シェアを落とし、スマホゲームの後塵を拝しているもよう。

演出の複雑化と他機種戦略に伴いデバッグの需要は伸びるはずなのに、減り続けてる。これはつまり、今後の販売機種数減少を示唆してるのかな?

 

↓クリックで拡大

CCF20150703_00003

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ユニバーサルエンターテインメント 赤字98億円!!

四半期決算発表。ユニバは98億円もの営業赤字を出したようです。前期は97億円の黒字ですから、まさに天

記事を読む

不気味の谷

ギルティクラウンのこの娘っ子。 CG絵のドアップを私は可愛いと思った。 でもちょっとギリ

記事を読む

ユニバカサミフェス 開場前の光景

準備するペルセポ姐さん   クソ暑い会場   油断するコンパニオ

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑