岐阜方式がパチンコ業界をすくう?

公開日: : ホール, 業界ネタ Comment(2)

岐阜県遊協がね。うまくいけば県内ほぼ全てのホールで脱等価を達成できるんじゃね? 的な、景品交換に関する新方式を考案したそうです。内容をざっくり説明されたんですけど、いまいちピンと来ない。脱等価推進派の私としてはどうしても書きたいんですけど、交換所で働く私でさえ理解できてないなら、下手に書いてもダメでしょ。

 

というわけで、3時間ほど時間くれ。読み込んで、ゲラを書いて、考察した上でアップします。Facebookのみとか、レポート会員のみとか、ケチ臭いことを言わずにここで書く。だからちょっと待ってて。

 

とりあえず、ゴルフ練習いってくるわ(えー

3点方式つながりで、3番アイアン振ってれば理解できるやろ(えー

Comment

  1. ひろ より:

    宜しくお願い致します‼︎

  2. パチスロ打ち より:

    吉田様の大盤振舞ありがたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私の好きな飲み会

https://twitter.com/mako_yukinari/status/104160459

記事を読む

再び国民民主党の玉木代表にリプ送ってみた

https://twitter.com/epachinko/status/1042013100000

記事を読む

パチンコとソシャゲ

プレーヤーのメインは30代から40代って聞いた。てっきり10代から20代前半かと思ってた。 そ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑