パチンコに使われていた金はスマホへ流れた

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 業界ネタ Comment(9)

パチンコへ向かっていたカネや時間はスマホへ奪われたという意見がある一方、それって違うと思うんだよねという意見も耳にします。実態は調べようもありませんけど、安近短のポジションは間違いなく奪われたと言えるでしょうね。

 

20年前と今とでは、暇つぶしにおける尺は尋常ではないほど縮まったように思います。スマホの要素を考えてみましょう。

 

  スポンサーリンク
 

 

安・価格・フリーミアムの浸透で、無料ないし入口無料がほとんど絶対条件

近・距離・ポケットやカバンの中。ゼロ距離

短・時間・エレベーターに乗る数十秒の暇つぶし

 

うん。パチンコ大敗北。

 

というか安近短の勝負じゃどうやっても勝てない。勝てないなら同じ土俵で戦っちゃなんねってじっちゃん言ってた。

 

となると「高遠長」なのかしら? 金のかかるMAXを打ちに遠くの郊外ホールへ行き、長時間の遊技を前提とする今のパチンコは、スマホとの正面戦を回避するためには良かったの? となると、常々主張していた「羽根モノみたいな短時間で楽しめるパチンコをもっと!」という論は間違っていたのか?

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・いや、間違ってない。

 

理由はただ一つ、俺が打ちたいから。

 

というのもあるのだけど、パチンコの場合「勝ちたいから」という要素が一番じゃないですか。ホール業界は一生懸命否定してきたけど、甘釘なんですよ、究極に求められているのは。

 

実際、何百回アンケートを採っても、「遊ばせてくれ」「お金のかからないパチンコがいい」という意見は最上位です。「荒っぽくしてくれ」とか「遊べなくていいから接客を強化してくれ」なんて意見はゼロよ、ゼロ。

 

スマホは無料までだが、パチンコは利益を受け取れることがある

 

ならば利益を受け取れる人を一人でも増やすことが、スマホに勝てる唯一の方法じゃん。もちろん赤字ばかりじゃ潰れてしまうから、限られた原資を一人でも多くの人へ配れるような機械性能が求められる。そのためにはMAXじゃねえんだよ。

 

正解を叫び続ける人は多かったし、みんな内心じゃ分かっていたのに、警察が聖断を下すまで有効な手立てを打てなかった。

 

私達は負けたんだよ。誰に負けたか、何に負けたのかは分からないけど、勝ちか負けかで言えば負けだろ。長年のファンから見放されまくり、遊技人口を1/3に減らしたんだから、少なくとも勝ちじゃねえわ。

 

甘釘を感じ取りやすい、結果に反映されやすい機械はMAXではなく、甘デジや羽根モノです。限られた原資を広くばらまけるのは、甘デジや羽根モノなんです。利益を受け取る回数が増えれば、仮にのめり込んでも家族は破綻しない。そう考えれば、うん。私は間違ってないどころか、正しいじゃんね(。-`ω´-)

Comment

  1. パチスロ好き より:

    若者の○○離れ っていわれてますが通信費(携帯代、固定回線代)にとられて可処分所得減っただけじゃないかと思います。

    消費意欲が衰退してるのも間違いではないですが

  2. としあき より:

    昔のパチンコ屋はいい意味で緩くて打てば儲かるかも…
    ってイメージでお客を引っ張ってきたとよく感じてたので
    今の事故待ちって言葉に代表される様に薄い確率の物を引いてから
    やっとスタートラインに立つって台ばかり扱えばそりゃ客は離れますよね。
    かと言って甘釘のハネモノを今置いたら朝から晩まで打てる系の団体に占拠されて
    今までまったりハネモノで楽しんでた常連も来なくなるって
    どうしようも無いサイクルを前に店で見たので難しいところですけど…

    • 出玉も事故待ちなら、パチンコの演出そのものも事故待ち。明確な事故(強烈な演出)をいくつも重ねないと当らない。

      事故待ち機の方が稼働するというのは大嘘で、事故待ち機はある程度渋釘や低設定を誤魔化せただけ。だから、渋釘がストレートに反映される羽根モノは死んだのね。

      結果として残ったのは、渋釘を誤魔化せる事故待ち機であり、相対的に稼働したように見えた。これをもって「客が求めてるからwww」と考えていた人は、大馬鹿のマヌケです。

      求めてたらファン人口減らねえっつの。

  3. しらとり。 より:

    やはり、羽根モノは定量制という縛りを設けないと客が寄り付かないような。甘くすると集団占領という負の連鎖が止まらなくなり印象も悪い。でもホール関係者は無関心というか気付いていない所が圧倒的多数の様な印象ですがね。

  4. 通りすがり より:

    最近は遊技人口が減ったから、パチ・スロで食ってる人を養えなくなってきてる
    →パチ・スロで食ってる人は生活費のために必死で稼ぐ
    →一般層が勝てなくなる・低貸しへの移行
    →勝てないイメージが付き、さらに遊技人口が減る

    最高機械割99.9%にするのも手じゃないですかね

    • 99.9ということは、大きく見ると「減り続ける」ってことじゃないですか。

      この状況で勝とうと思ったら、たまたまピョコンと跳ねた時を掠め取るしかない。

      そうなるとメーカーは、跳ねの大きな機械(高MY機)ばかり作るようになります。

      結果、一発逆転の事故待ち機ばかりになる(今ココ)

  5. こう より:

    買わなきゃ当たらない宝くじは単価がひくいから
    買われるわけで、実質あれのほうがよほど当たらないものなんですが、
    なぜかみんな買う。
    それはやはり単価があれだからなんじゃないかと思うんですよ。
    もしも一枚3万円だったら買うのか…おそらくよほどのことがなければ
    買わないと思います。
    夢を見るに足りるお金かどうか…なんじゃないかなと思います。
    とても今のパチもスロもそのレベルではない気がしますので…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニワカが・・・w

あ、そうか。 パチンコ業界がつかまえなきゃいけないのは、初心者でもサラリーマンでもなく「ニワカ層」

記事を読む

no image

パチンコが大衆娯楽として誇るべき最大の美点は何だったと思う?

説明書なんてなくても、見よう見まねで遊べた点だよ。 それがCR機になって、会員カードの貯玉なんてで

記事を読む

なぜメーカーは予告の信頼度を下げたがるのか

Facebookで、過去にないほど短時間で多くのコメントをいただいた投稿です。 パチンコを打ってい

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑