無駄な努力について(吉田の心の闇だから閲覧注意な)

公開日: : 個人ネタ Comment(3)

開発さんやホールさんと話していて。

 

大変な苦労をされたんですね。でも低稼働でしたよね。

大変な苦労をされたんですね。でもお客さんいませんね。

 

そう言ってしまう私は、他人の心を読みとれぬ、一種の病気なのかもしれない。実際、そう言われることも多かった。

 

たぶん私は、努力を認めてほしいと思ってないんだな。認めてくれるのは結果だけでいいし、結果がダメなら怒られて当然だし、貶されて当然だし、小馬鹿にされて当然だと思ってる。

 

学生の頃からずっと失敗し続けてるから、結果を伴わぬ努力を褒められたってどうにもならないと、知っちゃっているのだろう。40過ぎのオッサンが今さらって感じではあるけれど。

 

先日、たまたま学生に戻った夢を見ました。あの頃のように孤独でした。キラキラと輝く放課後の教室は楽しそうな笑顔で一杯で、私は一人、荷物をまとめて帰宅します。階段を降りている時に目覚めたけど、光の中へは永遠に入れないという、久し振りに味わう心の痛みでした。

 

友達を作ろうという努力はした。でもほら、今でこそ少し丸くなったけど、炎上商法気味の吉田ブログを知ってる人なら分かるでしょ。私に社会性はなかった。だから私の「努力」は、クラスメートから見たら、かなりキモかったと思うよ。

 

でもこれ、100パー、私が悪いわ。努力は無駄だったね。

 

ここで「無駄な努力なんてないよ」と同情してくれる人には、まあ、お幸せな人生でよろしゅうございますね、と言うしかない。羨ましい。

 

無駄な努力って、いくらでもあるだよ。あるだよ。友達を作ろうとして、努力して、結果、できなかった。

 

無駄じゃないだって? だとしたらなぜ、40を越えてなお夢で心を痛めねばならないのか。無駄だったと諦めるからこそ、少なくとも現実だけは先へ進めた。

 

そんな人に対して「無駄じゃない」と言う残酷さったらないよ。分かる人には分かると思うんだけど、分からない人には絶対分からない。まあ、分からない方が幸せなのだけれども。

 

結果こそ重要な場面で結果を得られない。落ち込む人の努力を褒めるのは、傍観者にのみ許された特権なんだよな。私だって甲子園を見てると、負けた球児の努力を褒めてあげたくなる。でもそれにしたって、本人が結果を無視し、自分の努力のみを高く評価したら、チガウだろ。

 

  スポンサーリンク
 

 

仕事の努力は、友達作りに比べれば、後々役に立つことは多いよね。それは私も実感する。遠回りしたけど失敗の経験があったからこそ成功へたどり着いたと、胸を張れることもある。無駄じゃなかったと泣いたこともあるよ。

 

でもね。それは成功した要素に限るわ。なんでもかんでも無駄じゃない、俺は頑張ったんだと言い続けたら、何が間違いだったかを把握できず、失敗を繰り返す。

 

貴方の周りでも、努力を認めてほしがる人ほど、同じ失敗を繰り返し、区切りをつけられず、他人の批判ばかりしてるでしょ。

 

努力が無駄だったと認めることは、失敗を認めるということ。プライドにしがみついてるうちは、失敗を認めてない。敗者のプライドなんぞ、他人からすれば鼻くそ以下の価値しかない。負け続けた私が言うんだから間違いないぞ。実際、貴方にとって、私のプライドなんて鼻くそ以下だろ?

 

無駄と認めた努力が将来役に立つかどうかは、泡予告くらいの確率と割り切って進もう。次の努力を実らせればいいだけの話だ。

 

それでダメならその次。またまたダメでもその次。死ぬまで努力してダメなら、大笑いして死ねばいい。俺の人生は無駄だったと。自分を嘆き、全てを恨み、この世の全てに災厄をもたらそう。

 

そのときは友達になってください。

 

 

Comment

  1. いんちきパチプ より:

    まぁ後から見れば無駄だったとわかる事も多々あるよね
    でもそれはセンスや経験のある他人から見たら、やる前から無駄だと分かっていた事かもしれない
    というか10年以上前のIT業界ぐらいじゃないですかね?
    「人類史上まだ誰も試した事がないコト」
    ってのがたくさん残っていた分野は

    ましてや対人関係や社会的な色んな事柄って、さすがに有史以来誰かが必ずやってきている道のはずだと思うんですよね(ただしそれが記録に残ってなければ知ることはできませんが)
    だから極論的には全ての文献から知識を吸収してその場その場で当てはめていけば大概うまくいく可能性が高いとは思うんですよ
    イメージとしてはスキャルピングの上手い人たちが膨大なチャートを覚えていて、瞬時に今のチャートと記憶を結合させて数秒~数分後の未来予測を繰り返していくような…

    まぁ全ての文献、って時点でもう無理なんですけどねw
    私も努力って苦手なタイプですわ
    だってセンスの無い人の「100の努力」ってセンスのある人の「適当」に負けるんだもんw

    私やボンペイさんが100メートルを9秒台で走れないのは決して努力不足だからじゃないんですよ
    そもそもそこには適性がなかっただけ

    ボンペイさんの場合はそれがたまたま100メートル走以外にも対人関係も当てはまっていただけ
    でもそのかわり類まれなるパチンコ愛があって、そしてそれを比較する!という発想と行動力のセンスがあったじゃないですか(過去形なのは愛が破局したからですw)

    ひょっとしたらまだやったことないだけでスキーのジャンプのセンスがあるかもしれないし、和弓やったら現代の那須与一と呼ばれていたかもしれませんよ?
    でもたまたまそれを一度もやらなかったからセンスがあるかないかが分からなかっただけで…

    というわけで人間向き不向きがあると思うので不向きなところにだけ意識を囚われないようにすると人生が少しだけ楽になると思いますよー
    俺らが100メートル走やるよりカバディとかセパタクローやったほうが日本一になれる可能性あるんですよw
    無理にメジャー競技に行かないって選択肢もあるんです

  2. いんちきパチプ より:

    あ、あとこれは個人的な意見ですけど友達って「作る」ものじゃなくて「出来る」ものだと思うんですよ
    まぁ社会人になってからだと多少「作る」の方向に能動的に動かないと職業、というか生活環境によっては人との接点そのものがゼロになってしまいますがね…

  3. シマ より:

    2回お会いしただけですけど、私の中では、ボンペイさんはもう友達ですw

    そもそも、友人て努力して得るものじゃない気がします。そういう意味では確かにボンペイさんの努力は無駄だったのかもしれませんが…
    楓で呑みましょうよw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨上がり散歩隊

この時間からの洗濯は厳しいので、散歩してみる。 おお、いい具合に背景がボケてくれた。これでパチ

記事を読む

no image

何色に見える?

白金青黒ドレス問題再発。 人によって白×ピンクに見えるか、青緑×グレーに見えるかで分かれるらし

記事を読む

最近買って感動的に良かった物

良すぎてもうコイツなしでは生きられない。 左から、音波歯ブラシ、スマホ用バッテリー、ス

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑