怖いホテルに泊まる夢を見て絶叫して目覚めた

個人的な日常

薄暗く入り組んだ廊下、汚れてくすんだエンジ色のカーペット。5階はワンフロア全ての部屋が閉鎖されており、スタッフに案内されてる中チラ見したら無数の破れた御札がドアに貼ってあった。

ホテル全体から物音が鳴り出し、スタッフを先頭に宿泊者全員が屋上へ避難する。エレベーターに乗れた宿泊者は3人のみ。

見ず知らずのオッサンに私はなぜか「おそらく私は呪われて正気を失い貴方達を襲う。そうなったら躊躇なく殺してくれ」と伝える。するとそのオッサンは「分かった!」となぜか陽気に応じた。

エレベーターが開くとスタッフを先頭に屋上を全員走り出す。私も勢いよく飛び出したものの、後ろから男の歌声が聞こえたので振り返る。顔はよく分からないが、緑色に光るロウソクを持った男が屋上の端に立って静かに歌っていた。人の言葉ではなかった。

なんだ? と思った瞬間、男は金切り声を上げ、目で追えぬ速さで突っ込んできた。その刹那、明確な悪意と殺意、絶望が背中を貫き、叫び声と共に目覚めた。

・・・夢占い的にはどうなんだこれ(汗だくだく)

コメントする

個人的な日常

Posted by epachinko