広告単価のテスト

ブログ・SNS

文字数の少ないブログは粗悪と判断される

記事あたりの文字数の少ないブログは粗悪と判断され、Googleから広告単価を下げられてしまうという話を聞きます。記事は長い方が良質なんだと。実際、やたらと冗長で、やたらと意味のない長文のブログってありますよね。

検索上位に引っかかりそうなキャッチーなタイトルをつけておいて、最後に「いかがでしたか?」「○○のようです」「○○なのかは分かりませんでした」という無責任な長文記事。フリー画像の外国人や、アフィリエイト商品へのリンクをベタベタ貼ってね。 Googleはああいうのを優良ブログと判断するんだってさ。

本当なのかなと思ってここ数日テストしました。1日20本以上の短文記事(従来の3倍)をアップしたらどうなるか。

結果は歴然としていた。

クリック単価17円→10円

ただでさえ低い単価が4割も落ちてしまった!Σ( ̄◇ ̄;)

そーかー。

ということで明日からは、短い記事は数本程度にまとめ、ジャンルごとに時間を空けて配信してみようと思います。設定をいじる絡みで、いまトップページの表示記事数を20本に設定しています。読み込みが遅かったらごめんなさい。

コメントする

ブログ・SNS

Posted by epachinko