新着記事

緊急アンケート・コロナ後も混んでるパチンコ店

ご協力のほどよろしくお願いします<(_ _)> 読み込んでいます… ↑↓ど ...

リロ氏 ホットサンドメーカーでホットサンドを作る!?

は? 意味わかんない。ホットサンドメーカーでホットサンドを作るとか、リロ氏どうし ...

ここ24時間の人気記事


BonPay氏 2020年セリーグの順位を予想する

ヤクルト優勝

やきうの時間だああぁぁ・・・

開幕できるのかなぁ(´・ω・`)

プロ野球ニュースの解説陣を見ると、ヤクルト酷い!

元監督の真中が忖度含みでAクラスにしている以外はほぼ最下位。コイツら、野球を何も分かっちゃいない。

2020年のペナントレースはこうなります。

首位・東京ヤクルトスワローズ

ベテランの石川を筆頭とする先発陣に弱みを抱えていますが、ソフトバンクの育成からやってきた長谷川宙輝が文字通りの輝きを放ち、後ろは安定します。近藤、長谷川、マクガフ、石山と配することで、負け試合に梅野を使うことで試合崩壊を防げるようになりました。

弱みといっても先発陣は今年から加入したイノーアはオープン戦で素晴らしいピッチングを披露していましたし、怪我で昨年を棒に振ったスアレスも順調です。

打線はバレンティンの穴によりHR数は激減するものの、村上はジンクスをぶっ壊してHR王を獲得。課題であったセンターラインはメジャークラスの守備を持つショートのエスコバーと、球団一足の速い塩見をセンターに配することでエラーは激減。ジェネリック青木と化したドラフト8位の吉田大成が西浦・廣岡らの控え軍団を活性化させ厚みを増します。

選手層は薄い

高齢化は課題となっているものの、青木、坂口、雄平ともやたらと元気なのでまだ大丈夫。外野の控え守備のウマい上田を筆頭に、山崎、中山きんにくんが控えています。代打陣はチャンスに強い荒木が右、バントの名手でもある上田が左を担当します。

扇の要には正捕手の中村。嶋の加入により課題であった「一軍で試合を作れるベテラン捕手」が誕生しました。骨折により出遅れることとなりましたが、相川以来のコーチング捕手に期待したいところ。

東京オリンピックにより神宮球場を使えず敵地東京ドームでやることになっていましたが、オリンピック延期となったのでホーム球場を使えそう。

最低でもAクラスは間違いないでしょう。

2位・広島東洋カープ

赤いから。

3位・中日ドラゴンズ

鉄壁の守備陣を誇るチームであり、今年は冒頭からセカンド遠藤を固定できる。ショート京田、サード高橋周平らと最強の内野陣となること間違いない。

4位・横浜DeNAベイスターズ

筒香の穴はメチャクチャ大きく、シーズン中盤まで打順を決めかねそう。オープン戦や練習試合では手も足も出ずに負けるパターンが多く気になる。

5位・読売ジャイアンツ

オープン戦最下位のチームはAクラスになれない法則発動。菅野の新しい投球フォームが話題になっているけど、結局調子を取り戻せずGW明け頃には元へ戻してるんじゃないかな。守備陣では若林のやらかしに期待。

6位・阪神タイガース

練習試合で嶋の右手親指を粉砕しやがった。坂口、青木、畠山と、阪神はうちの主力選手ばかりデッドボールを食らわす。お互い様とは思うものの、投手王国ならコントロールをどうにかしてくれ。

結論

優勝・ヤクルト
2位・広島
3位・中日
4位・横浜
5位・巨人
6位・阪神

ということに決定致しました。

まっことただの予想ですので目くじらを立てぬよう宜しくお願い致します。広島はもうちょっと下かなとも思ってます。






コメントする

ヤクルト優勝

Posted by epachinko