_新着記事

都知事選の結果が出る前に出たかのように書いてみる

当選・小池百合子 20時の時報と同時の当確ベタ打ちでした。小池百合子の再選を疑う ...

ここ24時間の人気記事


【休業応援】バックナンバー75%OFF !!【ボンペイnote】

2020-05-07 06:52ボンペイnote500

なぜ値下げ?

もしも自分がパチンコホールならばおそらく5月7日から再開していたと思うんですよ。ゆえに、5月7日以降も休業するホールへは心の底から賛嘆の声を送りたい

自分の役割として、アンチの流すデマに反撃を試みたり、休業指示に応じぬホールの様子を伝えたり、アマテラスへインタビューしてみたりしましたが、休業している方達に対しもうちょっと何かできないかなと考え、noteのバックナンバーをワンコイン500円で提供することにしました

リンク先に各号の記事一覧があります。どの月も長文コラム20本(ビジネス書1冊分)ですので読み甲斐があるかと思います

購入方法

各月号のリンク先にある購入ボタンを押し、指示に従ってください。

スマホ

購入ボタンは画面最下部

PC

購入ボタンは画面右上

商品特性ゆえ返金はできませんのでご注意ください。

2019年1月号

年越しオールナイトパチンコ初参戦。業界的には「最近の客は出玉以外の物を求めてホールを選んでいると統計で分かってしまった」という部分が大きいトピックです。某メーカーから爆笑された「稼働する機械の法則」もあります。

2019年2月号

大好評をいただいたアンチの流すデマにファクトで対抗する話。その一つである「韓国はパチンコを全廃させた」という話を深く掘り下げているのがこの号です。「北朝鮮への送金」についても同様に掘り下げており、この記事は在日朝鮮人の方から賞賛をもらいました。

2019年3月号

今まさに欲しい「族議員」。業界は尾立源幸を担いで選挙を行うことになりました。その入口部分がこの月。一方、パチンコの演出について階層型から陳列型になると予言しています。これはスゴイ好評だった。

2019年4月号

一番人気はパチンコ業界の敵と化した宇佐美典也氏へのロングインタビューです。思えばよく応じてくれましたよ(汗)  他にも、令和のパチンコは「自由」を獲得せよと高らかに歌い上げています。コロナで休業要請されまくってる現状を見ると辛さしか無い('A`)

2019年5月号

44歳童貞がレジャーホテルで働いてみたという360度どこから見てもしょっぱい話が一番人気でした。あと「無敵の人」の説明も高評価でした。

2019年6月号

北海道から東京までレンタカーを回送させつつ福島第一原子力発電所の近くまで行ってみるという、ルポライターみたいなことをやりました。大変好評をいただいたんですけど、一番人気はまたもレジャーホテルマリーネタ。清掃中に見つけちゃいけない物を見つけてしまった話です。

2019年7月号

尾立選挙本番。ひょんなことから多いに関わることとなり、それゆえに多くの記事を削除せねばならなくなった月です。政治ネタばかりの中、富山のノースランド創業者の自叙伝を読んだ感想も好評でした。

2019年8月号

バンクーバーに住む叔母の家を訪ねました。一番人気は「パチンコ業界がネトウヨから攻撃されないようにする簡単な方法」です。もしもこれを常にやっていたら、今ごろ異なる世界が開けていたはず。何を言っても遅いけどね。3回に渡り記した日韓関係についても好評でした。

2019年9月号

アニオタを集客しても経営再建は可能か?というテーマで4回に渡り掘り下げています。また、千葉県を襲った台風15号の被害を現地から伝え、ネット上のデマを否定しています。一番人気はまたもレジャーホテルマリー。どえらい新人さんは今じゃ貴重な戦力です(゚ーÅ)ホロリ

2019年10月号

岐阜レトロパチンコミュージアムや、飛騨高山のインバウンド向けパチンコEBISのルポ記事。福井までの超長距離レンタカー回送を行う際、何を思ったか松本から岐阜へ抜けたんだよね。死ぬかと思った。出版頓挫の話と、レジャーホテルフェアの話が人気に。

2019年11月号

遊技人口を増やすためのパチンコの機械代適正価格は?という、ある意味私らしいトンデモシミュレーションが人気。チューリップ台天国だった蒲田の金龍、レアスロだらけのニュー大根、2.5円の大島宮殿など、古い機械大好きな方にオススメの11月号です。

2019年12月号

秋元司議員の問題で揺れた年末。ボンペイnoteでも当然大きく取り上げました。国会議員へ渡ったパチンコ業界献金リストは自分自身今も活用しています。インフルエンザに倒れて散々な年末だったけど、この時に買ったマスクやアルコールが後に大活躍するというねヽ(´Д`;)ノ

2020年1月号

落語界の闇、いきなり!ステーキの敗北、チバニアンを邪魔した男の素顔など、割と社会派な記事の目立つ新年号でした。カルロスゴーンなんてもはや過去の話だよな。「北欧は男女平等の福祉国家!日本は見習え!」という説に対してファクトで真っ向から反論したのが人気記事に。

2020年2月号

LEVEL.1・営業を続ける努力をする(スタッフにも生活がある)
LEVEL.2・国家や行政、組合が自粛を要請したら自粛検討
LEVEL.3・他店が自粛し始めたら最後発にならぬよう自粛
LEVEL.4・明らかに危険と判断したら本部は積極的に店舗へ自粛を命じる

これを2月の段階で書けたのは我ながら見事だったと思う。当時マスコミで流行っていた「正しく怖がれ」「インフルエンザの方が怖い」という説に対しても一石を投じています。

2020年3月から月額課金プランへ移行

母の介護とコロナによる外出自粛を受け、書ける記事の本数は大きく減ってしまいました。それまでの月20本は厳しくなったため、価格を半額にした上で月の記事数を6本~10本に減らし、サブスクリプション形式としました。

法人用も大幅値下げ

個人用と違い、社員全員での閲覧、回し読みを可能としているプランです。もしも個人用が拡散していると判明した際には法的な対処へ動きますが、法人用ならばグループ内で広く回し読み可能ですので、どうぞご利用ください。




コメントする

2020-05-07 06:52ボンペイnote500

Posted by epachinko