_新着記事

7月最後のnoteはマルハンネタでした

重要なのは後半で、ほんとただの杞憂ならいいんですけどね。 草薙アピア店については ...

ここ24時間の人気記事


都知事選の結果が出る前に出たかのように書いてみる

政治

当選・小池百合子

20時の時報と同時の当確ベタ打ちでした。小池百合子の再選を疑う人はほとんどいなかったでしょう。新規感染者を伝える毎日の会見がそのまま選挙運動になっていました。

小池百合子の豪運はすごいと思うわ。希望の党の失敗で未来を絶たれたかと思いきや、コロナ対策による強気の対応で都民の支持を得て復活。「ソーシャルディスタンス」を流行らせたのは彼女の功績でしょう。他にも東京アラートやステイホームなど、冷たい顔で矢継ぎ早に投じる謎の横文字は独特の世界観を築いていきました。

初代キャスターを務めたワールド・ビジネス サテライトはテレ東の看板番組として30年の歴史を刻みます。現在68歳の彼女にはもう30年の時間は無い。国政への復帰と総理大臣の椅子を狙うなら、この2年が勝負でしょうか。

パチンコ業界としては、もう、ね。

2位・山本太郎

まさか、と言って良い善戦でしょう。お笑い枠のメロリンQも国会議員として経験を積み、知名度も大きく上げた。既存のリベラルである立憲民主党や日本共産党の支持層は恐ろしい勢いで高齢化が進んでおり、畢竟、野党は高齢者に向けたPRばかりとなります。若者からすればむしろ安倍自民党の方に若さと革新性を感じ、野党は抵抗だけで提案しない老害保守に感じてしまう。

既存の政治家と違い、学歴も職歴も無いまま底辺から這い上がってきた45歳の男へ、国から捨てられた40代は静かな怒りを票に乗せ、若者達は自分たちの代表となれる人物が現れたと熱狂した。

当初は選挙戦の途中で降りて若者票を宇都宮健児へ渡すという予想もあった山本太郎ですが、最後まで戦い、宇都宮の票を上回った。これは戦後のリベラルを引っ張ったベビーブーマー世代が主役の座から降ろされたということでもあるでしょう。常々言ってますけど、私はこの男をあざ笑うべきではないと考えます。日本からヒトラーが生まれるなら、山本太郎だ。

3位・宇都宮健児

共産党と立憲民主党、社民党の支持を受けて立候補した宇都宮健児は、8年前の都知事選で自ら獲得した98万票を下回る惨敗に終わりました。

貧困家庭に育ちながら東大へ進学。同和問題と出会い弁護士の道を志し、司法試験に合格後は一貫して貧困問題へ取り組んだ硬骨の左翼です。ついには日弁連の会長となり、同会の政権批判路線、極左路線を決定的なものにします。

今回の選挙では財源の根拠を持たないバラマキ政権公約の浅さを見抜かれてしまい、山本太郎へ流れた若者達が嫌悪した「時代遅れ」そのものでした。

韓国KBSの取材に答えた際、徴用工問題で日本は譲歩すべきだの、慰安婦像を都庁前に立てるだのという話になったのも大きい。都政とは全く関係ない日韓関係を口にしたことから、小池百合子を嫌う保守層が宇都宮支持へ向かいませんでした。

4位・小野泰輔

元熊本県副知事の実績ではあるものの、やはり東京で維新の会は厳しかった。本来ならば自民党へ投じたくない保守層を集めたかったのでしょうけど、惨敗です。

小池百合子と同様、ひょっとしたらそれ以上に人気を集めた吉村大阪知事からの支援は薄く、もちろん都知事選に府知事が関与することはできないのだけれど、吉村人気を東京へ持ってこれないのは厳しかった。

5位・立花孝志

NHKをぶっ壊す! ワンイシューで参議院議員となったものの、何の結果も出さぬまま、わずか数ヶ月で議員を辞めてしまいました。せっかく国会議員になったのだからまっすぐにNHK解体を目指せばよかった。アウトロー気分のままネット上で余計な論戦を行い、区議を脅迫して在宅起訴されるという、ここまで残念な人もなかなかいません。

ただ、N国は市町村議会選挙で少しずつ議員を増やしているため、地道に実績を積んでいけば日の目を見ることもあるかもしれませんね。

立候補していない「ホリエモン」と書かれた票がどれくらいあったのかは興味深いところです。

6位・桜井誠

在日特権を許さない市民の会(在特会)を作り、朝鮮人は国へ帰れと叫び続ける極右候補。今回の選挙では街頭演説を行わず、ネット上でパチンコ不要論を展開するも支持は薄かった。選挙期間中、同じ右派の上念司氏に対して圧力を加えるなど方向性も不明になり、ネトウヨからも相手にされなくなっています。

彼が求めてきた朝鮮学校の新設拒否や補助金カット、パチンコ業界への冷たい対応は小池百合子が実現しています。都知事選に桜井誠の出番はそもそもなかったと言えるでしょう。

まとめ

さあ、結果はどうなるでしょうね。世論調査では2位・宇都宮、3位・山本太郎らしいですけど、その結果だとまだまだ日本の政治家は与野党ともに若者の声より高齢者の声を大切にするんだろうなと思います。桜井の票がどこまで減るかと共に、リベラルの世代交代に注目しています。

もしも自分が都民だったら、維新の小野候補に投票していたんじゃないかな。




コメントする

政治

Posted by epachinko