こちらをお書きください ←は?

家ネタ

大学病院から緩和ケアの訪問医に引き継がれ、疼痛管理の方法は硬膜外(背中に針ぶっ刺し)から、フィルムテープに替わりました。

モルヒネを返却すべく大学病院へ来たら、

「こちらをお書きください」

問 診 票

いや、モルヒネを返却しに来ただけなんですが。

「それでは今の状況をお書きください」

いやいや、僕ではなく母です。終末期です。

「では今のご様子をお書きください」

余命一週間の命なんですが・・・

基本的に、医師は二股診療を許容しない。黙って二股されたら薬の処方量を間違えてしまうからね。セカンドオピニオンを求める際は、それまでの診療記録を提出する。

だから、訪問医へ引き継ぎを行った時点で、大学病院といえど勝手に診療をしない。

そもそも診療を求めてないのに、なぜ問診票を書かせるんだ。言われたから荷物を持ってきただけなのに。

そうこうしてると別のスタッフがやってきた。

別「うん、書いてもらって」

「備考欄に今の様子をお書きください」

・・・はい。

ほんの4日前までここに入院してたんだけどな。「死にそう」とでも書いてやろうか。なんて思ってたら、担当の女医と有能看護師がたまたま通りかかった。

問診票を見るなり「あ、これは結構です」と、バツの悪そうな顔してた。なんなんだほんと。

家ネタ

Posted by epachinko