図柄の数は正直さの証なのですです

公開日: : ガチ打ち, パチンコ Comment(0)

キャラを増やしたら図柄も増やせばいいんですよ。三人ワンセットでまとめるような機械は、結局のところキャラを大切にしてないのだな。

  スポンサーリンク
 

そもそもなんで判を押したように7つ8つなの? 稼働するってデータでもあるの? 数を減らせば当たりやすく見えるとか、四半世紀前の感覚なの?

当たりやすく見せたって当たらないんだから、結局は図柄軽視なんだよな。

まあ、えとたまにも注文をつけたい部分はあって。主人公を7図柄にしたいのは分かるけど、にゃーたんは干支になれない猫なんだから、13図柄こそ似合っていたと思う。

制作サイドも検討したはずだけど、7にこだわったのは、スロメーカーの矜持でもあるのかな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼんべぇ

早く打ちたい。

記事を読む

カタルシス

北斗無双の醍醐味は、リンや雑魚キャラが、敵ボスを倒しまくる点にあると思うんだよね。 特に雑魚キ

記事を読む

アビバで時間つぶし

関内18時待ちあわせ。 箱の見た目につられ、時間潰しに最適な天下一閃ではなく、うっかり北斗無双

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑