クソ台と馬鹿台の違い

公開日: : お仕事, ガチ打ち, パチンコ Comment(2)

ここ数ヶ月、とても楽しくパチンコを打っています。

メーカーさんからいただいた単発の仕事をいくつかこなす中、4ヶ月で100機種も自腹でガチ打ちするという、人生において得がたい経験をさせてもらいました。

 

  スポンサーリンク
 

 

でね。

ある瞬間、それまで灰色にくすんでいたはずのバラエティーコーナーを見て、「うわ、まだ打っていない機械、こんなにあるんだ。まだ拾えていない楽しさ、見つけられるのを待ってる楽しさは、こんなに沢山あるんだ」と思ってしまって、それ以来パチンコを打つのは楽しくなった。

もちろんつまらない機械は多いよ。先日打ったアニマルパラダイスやドラムおそ松さんなんて糞だと思ったし。でもそんな中、「あ、これは分かる。開発者の意志は○○じゃないか?」と感じる機械もあるのよ。

馬鹿だねぇ、でもまあ、分かるよw と。

 

意志の伝わらぬクソ台と、意志の伝わる馬鹿台。

野球でいえば、置きに行って痛打された甘い変化球と、開き直り渾身の力でぶん投げたストレート(ただしデッドボール)の違いと言えば伝わるだろうか。

比較的甘い条件の蒲田という土地に助けられてる面も大きいけれど、どうせ負けるなら意志の伝わる渾身のデッドボールを見たいよ

 

私は今、パチンカスです。

 

 

Comment

  1. 白髭 より:

    そりゃ痛いですな。
    達川さんにでもなりますかな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オマージュ・パロディ・パクリ パチンコ業界だと?

繰り返し説かれていることですが ・元ネタを知っていると楽しめるのがオマージュ ・元ネタを知ら

記事を読む

死ねばいいのに

なんだよ等価ボーダー27回って_| ̄|○ 先に調べなかった俺が悪い。 24回あるぜやっふー!

記事を読む

モモキュンソード4初打ち

375発で当るも単発終了。 前作に続き使えない天女隊。 何を思ったかアイドルになって

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑