フリーランスの辛さ

公開日: : お仕事 Comment(2)

これさ。

フリーランスって基本的に実力の切り売りなんだよね。インプットを怠らないようにしても、嫌いなジャンルは取り組まなくなる。サラリーマンなら嫌いな仕事でも取り組むから実力は増していく。

インプットは無変化となっていき、連れてアウトプットも無変化となる。

 

  スポンサーリンク
 

 

そんな中、病気や自分探しやらで長期離脱したり、世話になってる取引相手の担当者が移動したり転職すると、一気に仕事を失う。

 

新台レポート、セミナー、ブログ、アドバイザー、パチスパイと、ウィングを広げるのは不安の解消という意味合いもあって。あれこれやってるうちに、最も大切な「自腹で死ぬほど打つこと」をおろそかにしちゃってたんだよな。

Google ad

Comment

  1. 円高容認 より:

    そういえば広島のランスも1年目だけだったな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あれは純文学っぽかったよと言われた

響というマンガを見てから、純文学にちょっと興味を持った。思えば高校時代に読んだ人間失格しか知らない。

記事を読む

no image

ひと仕事終えたので、朝ご飯食べてくる

17時か・・・。せんべい2枚とコーヒーでこの時間まで来てしまった。18:30から寮の夕食時間だけど限

記事を読む

疲れたとき

甘いもの食べたい 脳のエネルギー不足。チョコ食って仕事へ戻れ   眠い 大丈夫

記事を読む

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑