いとしさと 刹那さと 心強さと

公開日: : パチンコ, 業界ネタ Comment(0)

拾うか拾わないか、Vゾーンへ入るか否か、その刹那感ね。

液晶演出はデキレースっぽさを潰すのに必死だけど、羽根モノならばそもそもデキレースがない。ほんと、いつまで液晶で疲弊してるんだよと思う。

 

ただ、ゴトや攻略の心配はあるから、羽根モノを復活させようと思ったら「打止」と「脱等価」は必須。日本全体で3円交換くらいが主流になったら、羽根モノ復活の土壌は整うんじゃないかしら。

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JAPANの会場にたどり着けない

2限目から受講すべくやってきたものの、エレベーター待ちすご杉内www 14階まで階段で行くか

記事を読む

シルエットでどのキャラか分かるの、超大事よね

戦国BASARAのキャラがシルエットになっても絶対分からんわ。

記事を読む

no image

この汗よ、この汗

絶叫+汗=ガチ 後ろに私写っちゃってるけども! この汗を描けるかどうかで、台と遊技者の一体感

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑