思えばこの人が警察行政のトップだった時

公開日: : 業界ネタ, 社会 Comment(0)

選挙カー上、一番左でマイクを握っているのは、前国家公安委員長、警察組織のトップであった、河野太郎衆院議員。

その後ろに、パチンコホールの楽園と、エロDVD屋の看板があるあたり、なんだかとっても大衆風俗な感じて思わず写真。

  スポンサーリンク
 

この人が生安課長を呼びつけたことを聞き、「警察の上には政治が、安倍内閣がいるんだ」と、初めて痛感した業界人は多かったように思う。

警察行政への忖度ばかりで、彼らの上にいる「政治」と、さらに上へ君臨する「国民世論」への忖度を行わなかった。

ああ、今もだな、今も。

今後の規制は警察の意向ではなく、国民の意向なのだと、心に深く刻み込むべし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤマダ電機でお葬式

マジかこれ。 火葬通貨にはヤマダ電機ってか。 魂をポイント割引されそう。  

記事を読む

パチンコ復活の狼煙だな

「パチンコ業界は今年復活する」と宣言してる、ほぼ唯一の業界人BONPEI吉田さんですけど。 地獄少

記事を読む

人間ドックを予約した

市の助成金で、費用の半分を出してもらえるらしい。人間ドック基本コースに、脳ドックを付けてみた。 脳

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑