ひぐらしのなく頃に 初打ち

公開日: : ガチ打ち, パチンコ Comment(0)

ああ、なるほど。導光板を重ねて、こういう「他社と違う見せ方」をやりたかったわけね。

うん。悪くない。

上から目線で恐縮だけど、そもそもひぐらしって、繰り返されるタイムリープによって「日常」の感覚を狂わされるわけじゃん。いわば常にモヤのかかった感覚。薄くぼんやりとハッキリしない液晶は、ひぐらしを初めて見たときの感覚に近いかもしれない。

ただまあ、目は疲れるなぁ。何枚重ねてるか分からないけど、過ぎたるは及ばざるがごとしという感じ。見にくくなったら本末転倒でしょう。液晶でできることは液晶でやってほしいよ。

 

驚いたのは、通常時のほとんどを「狂気」とした点。これはお見事。そうでなきゃいけない。繰り返される惨劇(ハマり)を抜けて掴む幸福(連チャン)なのだから。これならミドル、いやMAXでもいける。徹底して悲劇。それでこそひぐらしの「日常」だろうさ。

リーチフローはまだ全く把握してないし、今の運勢で惨劇を回避できるとは思えないけど、このまま打ち続けてみようか。ファーストインプレッションとしては最高ランクです。開発者は褒められていいんじゃないかな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大きいことは良いことだ

かどうかは分からないけれど。 当時のフィーバーフェスティバルは、ドットの大きさに、まず驚かされ

記事を読む

レアはレアじゃないらしい

ワイ「ゲームやらんからワカランのやけど、SRとかSSRとかって、何?」 トッモ「SRは

記事を読む

サム、転んでた

どうも最近見かけないと思ったわ。 ちなみにこのムービー、ウリンも転ぶんだよね。 だからど

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑