ボンペイ吉田の切れ味

公開日: : 個人ネタ Comment(0)

2007年あたりのブログ記事や小説を読むと、こいつは誰やねん!?と驚く切れ味を持っていたりする。完全に覚えてないのよね。

そら、悩んでる時にこの記事を見たら衝撃だったろなと、まるで他人事のように感心したりして。

  スポンサーリンク
 

今はめっきり減ったけど、ボンペイ吉田という人は、時折訳の分からぬ切れ味を見せる。天狗だとかそんなんじゃなく、なんなんだろ。

スイッチの入るパターンがあるのかな。もしも鋭さを生み出す法則を定型化できたら、お金儲けできるんじゃね?と思ったり。

正直、暮らしていけないとなったら業界から足を洗うつもりだった。家族会議では、それも話し合った。

不透明な未来を、酒田市のボロ宿で一人思う。扇風機の切り裂く空気は、まるで昔へ戻れと言ってるようで、眉をしかめてしまった。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昔の自分との整合性

https://twitter.com/GPlumber2/status/1052461848367

記事を読む

おはいお

今日は夜まで某社に籠もります。 ゴト検証とかあれこれ。 https://twitter.com/

記事を読む

インプレッサの一部改良がワタシ的に神すぎる

https://twitter.com/epachinko/status/1050343101229

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑