文藝春秋なる雑誌を買ってみた

公開日: : 政治・社会 Comment(0)

吐気がするほどの反安倍、反自民でビックリした。理性も知性もなく、これが「文芸」の頂点に君臨する世界なのかと驚くばかり。

見たかったのは、芥川賞受賞作「影裏(著・沼田真佑)に対する、純文学作家たちの評論。

プロの作家はあの作品についてどういう感想を抱くのか。自分とどう違うのかを知りたかった。

  スポンサーリンク
 

ほんでまあ、思ったのはさ。やっぱ作家ってちょっと風変わりだよね。善悪でも左右でもなく、やはり見える景色が全く違うんだろう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

徴用工問題で放った韓国の一撃

韓国「我々と交渉してほしかったら日本企業に賠償金を支払わせろ」 ( ゚д゚)ポカーン

記事を読む

ベネッセ公式「進研ゼミは続けられるのがポイントやで」

ベネッセ「せや、ツイッターでアンケート採ったろ」 ベネッセ「みんなが続けられそうと思ってるはず

記事を読む

おお、新国立競技場だ!

ネットではボロクソ叩かれてるけど、現物はすごくモダンで素敵よ。 スマホの望遠だ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑