どうにもならなくなったメーカーを変えるには

公開日: : お仕事 Comment(0)

これは根が深そう。

  スポンサーリンク
 

形はちょっと違うけど、長い間メガヒットに恵まれていないメーカーには、ヒットする喜びを知る開発者が末端に存在しなくなる。「謎の自信」はクリエイティブに不可欠な要素なのに、現場からそれが失われる。

ところが(もはや自分では何も生み出せない)幹部には自信が残っているため、下から上がってきたものを「自信を持って否定」する。末端開発者は仕方なく調整するけど、案の定売れないし、稼働しない。幹部は最初に否定したのは自分だと価値観に自信を深め、末端はどんどんやる気を喪失する。

 

 

そのまま進むと、さすがに幹部は責任を取らされるため、作品に対して自信を持って評価できなくなる。仕事のできる開発者、世間の感性に合致した開発者はとっくに辞めてるから、低稼働でも怒られずプライドだけ高い無能開発者のみ残ってしまい、阿鼻叫喚

これを止めるには、生産されたゲテモノ機を評価し、フィードバックさせ続けねばならないのだけれど、内部でやろうとしても開発者の反対に遭うし、外部へ委託しても「納得できない!」と反対に遭う。

結果、ゲテモノ機は生産され続けてしまい、止められない。

 

心当たりのあるメーカーさん、お仕事お待ちしております

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事を依頼したいからうちの会社まで来い

https://twitter.com/GoITO/status/10406357823634391

記事を読む

名古屋へ行ってきます

タイムズカーレンタルに、憧れだったクルマが入荷されまして! ちょうど名古屋メーカーさんを複数訪問す

記事を読む

私は自己認識力に乏しいと思う

成果を出せないリーダーには致命的な問題がある →【第二営業部・堀川さん】 3回読み直した。

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑