雇った瞬間に社長が冷たくなる理由

公開日: : 業界ネタ Comment(0)

あなたの考え方は素晴らしい!ぜひ我が社の力になってくれ!

仰せのままに、マインカイザー

三顧の礼で招いたとしても、数ヶ月後には「使えない人罪」と、どこかのセミナーで聞いたような当て字を使って眉間にシワを寄せていたりする。

何でかなと思ったら、簡単な話だった。

  スポンサーリンク
 

結婚した瞬間から家事を手伝わなくなる男と同じだろこれ。

他人だから下に出るけれど、部下ならば下に出る必要はなく、上から「やって当たり前」となる。もちろん給料を支払ってるんだし、やって当たり前なんだけど、露骨に態度に出されたら、そりゃやる気もなくしますわな。

釣った魚にエサをやらないオーナーは、意外と多いんじゃなかろうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨ターイム!!(ビットコビットコ!!

はぁ~ビットコビットコ ビットコインではなくリップル欲しい。 ネムとリップル。

記事を読む

チャンスメイト社長の荒井さんは、詐欺師か、革命児か

メーカーを退職し、パチンコの企画会社を立ち上げた荒井社長と会食しました。 パチンコ台の開発には

記事を読む

LINEへの情報流出と錬金術

面白い資料をいただき、他の方へ転送しようとするも、あの人は情報早いから既に持ってるんだろうなと思うと

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑