パチンコが大衆娯楽として誇るべき最大の美点は何だったと思う?

公開日: : 業界ネタ Comment(2)

説明書なんてなくても、見よう見まねで遊べた点だよ。

それがCR機になって、会員カードの貯玉なんてできて、液晶機になって、右肩上がりで演出が増えて、当たり前のように分かりにくくなって、ついでに初心者お断りレベルまで射幸性上げて、今じゃ見よう見まねで何とかなるレベルを激しく逸脱してしまった。

  スポンサーリンク
 

京楽産業.やSANKYOがデモ画面を通じて初心者へアプローチしようとした点は、手放しで褒め称えるべき努力なんだよ。

その一方、最近の新台は遊技説明POPを見る人多いじゃん。あれ、メーカーの敗北だからね。説明書を見ないと把握できないんだから。

 

昔はガラス枠の左下に、三角形の遊技説明書が差し込まれてましたね。専門用語ばかりで全く意味分からなかったw

Comment

  1. 白髭 より:

    パチンコはですな。
    思い込みや勘違いが実体験出来ることがある。
    説明書読まなくても自分の実体験が説明できる。
    事が楽しい遊びでしたな。

    • B5のラミネート裏表を読まないと理解できないなんて、大衆娯楽でも何でもありませんわ。そもそも説明できる人がいない。その機械を作った人じゃないと説明できない。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いずれ設定付きパチンコだけになる

色々と言われてますし、現状は焼き直しだけれども。 割と早い時期に全て設定付きパチンコに置き換わ

記事を読む

パチンコがこの先生きのこるには

きのこって美味いよね。 究極のところ、パチンコへの悪意っつーか、敵意っつーか、

記事を読む

全日遊連とか日工組とかの上の方の人に言いたいこと

全日遊連はホールの団体。 日工組はメーカーの団体。 全日遊連は「ホールとはこうあるべき」

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑