LINEへの情報流出と錬金術

公開日: : 業界ネタ Comment(0)

面白い資料をいただき、他の方へ転送しようとするも、あの人は情報早いから既に持ってるんだろうなと思うと、送るのを躊躇してしまう。

その結果、「既にお持ちかもしれませんが」と、送る側なのに恐縮してしまう謎心理。

  スポンサーリンク
 

最近は自分で書いたものや、自分の足で撮ってきた写真のみ、仲の良い人や、いつも情報をくれる人に細々と届けています。

情報輪廻の輪から降りたら、ほんと楽になった。

 

・・・情報商材ってLINEグループに流出しやすいじやないてすか。

とある方と話したんですけど、単価100万円の商材が100人のグループに流出したら、100万円×100人で1億円の訴訟を仕掛けられるんじゃないかって。

転送が繰り返されたら、ねずみ算式に金額は増える。

取れなかったとしても、裁判を通じてLINEグループのメンバーと個人情報、グループ内の会話ログを把握できるのではないか。

これって錬金術じゃね?

 

法律には詳しくないんですけど、業界に見切りをつけて離れる人が仕掛けても、おかしくないよなって思いました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンチパチンコの論理

https://twitter.com/epachinko/status/1064081497781

記事を読む

no image

複数からいただいた情報あれこれ

・大阪のイベント案件 ・年末までの高射幸スロ15%テヘペロ案件 ・中嶋塾案件 元

記事を読む

no image

パチンコ業界にとって必要なこと

https://twitter.com/epachinko/status/1061291680891

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑