セミナーでは「間」を恐れちゃいけない

公開日: : セミナー Comment(0)

私のセミナーは「詰め詰め」ですので、基本的に喋り倒します。

でも「間」は意図的に忍ばせる。

言いたいことの直前は、数秒あけた上で、ほんの少し語気を強める。

 

タメを作ることで、メッセージは伝わる

 

↑ほら、間を作ると伝わるでしょ。あたしゃ、ブログ的な手法でセミナーをやってたんだな。スライドは文字ばかりだし。

  スポンサーリンク
 

間を作るって怖いんですよ。喋りたくなっちゃうし、テンポも崩れる。でもそうじゃなく、間を作ることでテンポも作る。ジャパネットたかたの高田社長は、これを「世阿弥の世界」と唱えているそうです。なんちゅう教養や・・・。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モバイルプロジェクター?

ソニーからメール 超小型のモバイルプロジェクターですって。 なるほどこれは小さい。 そ

記事を読む

グローリーナスカ 北電子 共催セミナーにて

今回は「演出」に的を絞りました。 今後どのような演出の機械を買うべきか。買った機械を稼働させるため

記事を読む

講演用コントローラー

終わりました! 45分だったので、あっという間でした。 スライド枚数は控え目の260枚。そのぶん

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑