ノムラ日本株戦略ファンド(通称・1兆円ファンド)

公開日: : 株・FX・仮想通貨, 経済 Comment(0)

ITバブル華やかなりし、2000年初頭。日本最大の証券会社である野村證券は、日本株戦略ファンドという投資信託の販売を開始しました。持ち前の営業力で1兆円をかき集め、1兆円ファンドなどと呼ばれたんですね。

このCMを覚えている方もいらっしゃるかも。

2000年2月にスタートしたノムラ日本株戦略ファンド。ガリバー野村が意地とプライドをかけて運用した結果、1万円の基準額はわずか3年で4000円まで暴落しました。

ITバブルだっつーのに、なんでかNTTやトヨタ、三菱UFJやソニーといった大型株を中心に運用したんですね。確か、全て東証1部上場銘柄だったはず。

結果、1兆円だった資金量は700億円まで目減り

ただ目減りした分は他の投資信託を売りさばいて補填してるので、野村證券は痛くもかゆくもない。泣いたのは口車に乗せられた高齢者だけというお話。

安倍内閣誕生後の株高で価格は上昇したものの、それでも10,700円。ファンド設定時に購入した人でさえ、手数料を考えれば未だに赤字です。

  スポンサーリンク
 

そもそもね。日本最大の証券会社が本気で運用して、18年で7%しか上昇させられないって何なのよと。0.39%の年利だぜ。銀行の定期預金じゃないんだから。

ちなみに2000年2月の日経平均株価は19,600円。現在は22,600円くらいですから、15%上昇している。日経平均ETFを買った方がリターンは大きいし信託手数料も取られない。だから投資信託ってイマイチ買う気になれないのよね。

 

そんな野村證券の決算がこちら。

純利益▲82.4%

老人へ投資信託を売りつけるのは得意だけど、運用したり経営したりするのは苦手という、日本を象徴するような金融機関ですわ。どうやったら経済の潤滑油になれるんですかね。

 

♪それノムラに聞いてみよ

 

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平成最後の夏だから

平成最後の夏だから車を買おう。 平成最後の夏だから家を買おう。 平成最後の夏だからパチン

記事を読む

負け戦で何かを始めても失敗するよね

何年ぶりかにデイトレやって失敗。 まぁそうだよなと諦めつきました。 負け戦をその日のうちに逆転で

記事を読む

no image

悲報 ライザップ 赤字転落

赤字転落 さらに配当減額 涙で前が見えない 最近パチンコも勝てんし_| ̄|○

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑