企業の公式ツイッターで必要なこと

公開日: : 個人ネタ Comment(0)

たぶん、担当者は「書けることなさすぎてツラい」と思う。

これ、書けることを増やすべく、内外で許される範囲を少しずつ拡大しなきゃいけないんだよね。特に社内基準は「質問したら却下される」のが常ですから。

許される範囲を広げていく。当然、やりすぎて失敗することもある。でもその失敗は、確実に「範囲」を広げる。

謝罪と始末書を繰り返して、面白い公式ツイッターはできあがるんだと思うよ。

シャープやタニタ、ドン・キホーテなんてその代表じゃないかしら。

まあ、そこまで許してくれる上司は少ないから、薄ら寒い宣伝ばかりになるのだけれど。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これはもはやハゲではないかね?

スキンヘッドになる日が近付きました。 深夜2時3時の就寝が続き、毛根に最後の一撃を与えた模様。

記事を読む

N-WGN もうすぐ車検

買って3年になるのか。 次の車検までに貯金額が200万円増えていたら乗り換える(カタイケツイ

記事を読む

つば九郎、なんか踊ってる

このスーツケースいいな。 他人のと間違えない色合い。 ただ個人的にはソフ

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑