子連れ出勤についてのとある意見

公開日: : 政治・社会 Comment(4)

これはぐうの音も出ないwww

日本の男性は家事育児に参加しないと言われる。先進国中最低の参加率なのだと。

ところが有給消化率や残業を勘案した勤務時間で比較すると、日本の男性は先進国中最長なのだそうだ。

逆に女性の勤務時間は先進国中最低で、家事時間は先進国中最長。

つまり日本の男性は、会社に居すぎて家事に参加できないだけ、ともいえる。

  スポンサーリンク
 

Comment

  1. さんごう より:

    これは社会のシステムが変わらないと、解決しない問題。

    子連れ出勤が認められたら、2時間かけて一緒に通勤させたりするの?
    乳児やら幼児を痛勤させる?
    出来ないと思うけど。
    夫婦のどちらがやるにしたって、住居の近所で、混み合う公共交通機関に乗らないで済む勤め先を探さなきゃならない。
    難しいよ。

    そんなこと言ってるから、結婚しなくていいやとか、子供要らないとかって方向に行くんだろうな。

  2. いんちきパチプ より:

    さんごうさんのコメントを読んで思いました
    言われてみれば昔は今みたいな長時間長距離の通勤もなかった(少なかった)ろうし、そもそも大体みんな9~17時の勤務が主流だったのでタイミングも合わせられたのでしょうけど、今や夫婦の生活リズムが数時間ズレるのが当たり前ですよね
    というかシフト勤務だと自分自身ですら毎日のように生活リズムが変わるわけで
    、それに幼子を付き合わせるのか?というと、無理としか思えないです・・・
    たしかに社会のシステム自体の変革がないと合理的に考えて期待値低いと判断されますわな・・・

    • 先日とある飲み会に集まった男5人。私以外はみんな1,000万円近い年収なのに全員独身。いわく「リスクとコストが上がりすぎる」とのことで。話す内容は天龍だのディスクアップだので、子連れ出勤なんてまさに「リスクとコスト」を跳ね上げる要因ですわ。

      結婚生活において男性が女性に求める物ってここ20年変わってないでしょ。炊事洗濯に育児。でも女性が男性に求める物って大幅に増えた。仕事に影響を与えてしまうレベルで。結果、嫁も子供も欲しいけど「無理」という男性が増えたんじゃないかな。

      仕事で高いポジションについているハイクラスな男性ほど、今の仕事量を減らせないから結婚は無理。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

千葉厄除け不動尊

ここ十年、毎年大幅に参拝客数を伸ばしている千葉厄除け不動尊へ行ってきました。 ここは、お金を稼ぐこ

記事を読む

止まらない理由が斜め上すぎた

https://twitter.com/nitogunso/status/1129733599706

記事を読む

天皇陛下・・・・・・?

天皇陛下 即位後初めての「お田植え」 ・・・・・・あ、そうか

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑