大阪の意志は示された

公開日: : 政治・社会 Comment(0)

大阪府議選の自民党、大阪市議選の共産党、共に大敗。立憲民主党に至っては一人当選させるのがやっと。政治信条をかなぐり捨てて野合した結果がこれ。

データでは、大阪の退潮に歯止めがかかったそうじゃないですか。間違いなく橋下・松井・吉村の功績でしょ。特に橋下が抜けた後に市長の座を継いだ吉村は若いながら頑張ったよ。

そんな中、旧勢力が手をつないで「私達に権力を戻してください!」ってドアホウでしょ。しかも自民党候補に対して共産が支持に回るという吐き気を催す構図でした。

そら自民党を支持してきた保守勢力も呆れますわ。

  スポンサーリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おだち候補へ単独インタビュー(立ち話)

おだち候補と東上野パチンコ村。騒ぎを聞きつけ、私もコンパクトカメラを片手に追いかけました。ルポライタ

記事を読む

戦う男の顔に注目しました

https://twitter.com/epachinko/status/1151033709065

記事を読む

なんちゃらペイ

時代はボンPAY https://twitter.com/Masano_Yk/status/1

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑