打ち手としては終わったでいいんだけど、ホールはそれじゃ間違えるよ

公開日: : note・月額マガジン, オタク, パチンコ Comment(2)

ファン視点なら「終わった」で構わないんだけど、ホール視点では間違い。なぜならメーカーは終わってないから。SANKYOに限らず、これから「シンフォギアもどき」や「シンフォギアオマージュ」がバンバン出てくるはずです。

ゆえに、なぜシンフォギアは稼働したかを押さえておきたいのだけれど、なんでか知らんけどみんな「スペック」「最終決戦」「シンフォギアチャンス」あたりに答えを見出そうとする。でもそれだと、アクエリオンWの低稼働を説明できないわけで。

営業トークに騙されないためにも、ぜひご覧ください→【ボンペイnote4月号

 

全然関係ないんですけど、立花響のこの2枚。めちゃくちゃゾクゾクする。

笑ってることが多いからかな、ギャップが素敵。

Comment

  1. まさ より:

    シンフォギアに似たスペックの機械は、シンフォギアを最初に打ったときの印象と比較されるし、同スペックのクソ台が出るごとに思い出補正で美化されるよね。

    それは置いておくとしても、アクエリオンの作りはひどかった。最強演出が4段階で、感覚的にほとんど当たらんし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちょっと古くさい瞳が素敵

白目が大きく、黒目の縁取りが太く、瞳の光彩もはっきりしてる。ややもすると古くさいデザインなのに、

記事を読む

女子中学生の百合

きりしらは尊いデス とラインが届く。 なるほど、公式なのかこの二人は。 マリア

記事を読む

マリアさんサイドの年齢差 からのエルフナイン絶唱

https://twitter.com/epachinko/status/1162780275950

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑