勝手口の経済

公開日: : 業界ネタ Comment(0)

業界外の友人から、某所で受けた酷い対応について話を聞いた。仕事で訪れた、東京にあるパチンコ系の団体らしいんだけど、ちょっと信じられない内容だった。

その団体関係者を何人か知ってる。みんな情熱的で、ポジティブで、とても頑張ってる方達だ。ひょっとして、私に対してだから、そういう顔をしてくれるのか?

 

覚えてる人はいるかな。昔、「勝手口の経済」って書いたことあるんだよ。

 

気立てのいい旦那と、明るく綺麗な若奥さんで切り盛りする八百屋さん。商品は新鮮で、安く、とても繁盛していた。近所の大型店すらものともせず、経営は順調だった。

なのに年々、客足は減っていく。品質は変わらないし、価格もギリギリまで安くしている。なぜだ、なぜだと思い悩む間も、どんどん客は減る。

商売をやってるから、当然、業者さんとの付き合いもあるわけで。業者さんは店頭ではなく、勝手口へ向かう。勝手口の先には姑さんがいたのね。

この姑。「因業ババア」と呼ばれるほど、口を開ければ誰かの文句ばかり言ってる。目の前の業者を貶しまくり、些細なことでクレームを入れまくる。

出入り業者の間でこの八百屋は「最低の取引先」と言われるようになった。業者だって当然、家族を持っている。近所付き合いもある。八百屋の(勝手口の)噂は風に乗り、ついに客足を遠ざけた。

 

と、これが勝手口の経済。

 

業界外の人間に対して勝手口から、「キミはパチンコ業界を知らんねぇw」などと言うなんて、どんなバカだ。片方からの話だけじゃいけないと思ったので、今度彼と一緒に訪問してみようと画策中。

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

警察の中小ホール潰しと言われても仕方ないよな

https://twitter.com/epachinko/status/1053479196696

記事を読む

実はその手前に「初心者」ってのもあるんだけどね

https://twitter.com/epachinko/status/1053329017669

記事を読む

眠れないというか、色々ありすぎて

今日はなんか、自分のキャパを大きく超える話が沢山来た。10月末納品の仕事に追われる中、99.99%と

記事を読む

puread

Google ad

  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑