なぜ損切りが必要なのかという話

公開日: : 株取引 Comment(3)

損切りが必要とされる基本原則

買った株が値下がりし、含み損を抱えたとき、どうするか。多くの人はそのまま保有し続ける(塩漬け)。一方で、手放して損を確定させる行為を「損切り」という。

 

損切りしてすぐに同じ銘柄を買うなら、損切りしなくてもいい、手数料の無駄だという考え方もある。

 

でも、上がると思った想定と真逆へ向かったから損失発生となったわけだ。最初の想定が崩壊しているのだから、仮に反騰して利益を得たところで、それはスキルにならない。

 

結局、利益はいくらでも拡大できるけど、損失は手持ち資金の範囲までしか拡大できない。損失の方に限界(退場要因)があるのだから、限界へ達さぬよう、制限をかけて切るしかない。

 

 

精神面でも考えてみる

-5万円になっても損切りせず、歯を食いしばってホールド。その後、運良く6万円上昇すれば、画面表示は+1万円だね。このとき人はどう思うか。-5万円時の心の痛みを忘れられず、+1万円じゃ満足できないんだね。「+5万円は欲しいよな、あれだけ耐えたんだから」と考えてしまう。多くの場合、そこまで達せず下落し、いつまでも利益を得られない。

 

一方、-5万円で損切りした場合はどうか。目の前の一覧表から-5万円の文字が消え、少なくとも見た目は0にリセットされる。重い荷物を下ろしたような気分となる。そこから再エントリー。同じく6万円上昇すれば、画面表示は+6万円だ。心の痛みを凌駕する金額に達しているため、躊躇なく利確できる。

 

-5万円で損切りしないと、そこから6万円上昇しても、画面表示は+1万円なので納得できない。

-5万円で損切りし、画面表示を0に戻してから再エントリーすれば、6万円上昇したときの表示は+6万円なので納得できる。

 

損を抱えた銘柄が反転上昇すると思うなら、一旦手放して、すぐに買い直した方が、実際に上昇したとき、正しい判断をしやすい。買い直したくないと感じるならば、それは下がると思っているからであり、持ち続けるな理由がない。

 

上がると思うなら、手放して買い直す

下がると思うなら、手放す(当り前)

 

当初の想定を超える損失を抱えたとき、損切り以外に合理的な行動はありえないんだね。私はこの方法で損切りを繰り返し、660万円あった資金を470万円まで減らした。

 

・・・あれ?

Comment

  1. パチスロ好き より:

    先週一週間で酷い目に合いました(吉田様ほどじゃあないですが)

    戻す見込みがあるか近いうちに優待あるしそのうち戻すだろうと考えて今持ってる銘柄全部ホールドしっぱなしです。

    パチスロ通して、10万20万の一時損は平気になってしまってるのが良いことなのか悪いことなのか・・・。

    • 先週は本当にきつかったです_| ̄|○

      リーマンショックの時は、一時的にリバウンドした後、2ヵ月以上下げ続けたと記憶しています。今度はどうなのかなぁ・・・。

      パチスロは新基準ATが出始めましたけど、ファン目線でいかがですか?

  2. zero より:

    2日で350万布団が吹っ飛びましたよヽ(`Д´)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無職の精一杯の自慢

瞬間最大風速ながら、 48万6000円で買った株が10ヶ月で    

記事を読む

事実上、短期売買から手を引きました

信用取引玉を全て決裁し、現物も優待狙いと高配当利回り株を残し、クリック証券口座のほとんどを現金化しま

記事を読む

no image

Yahooの株掲示板ってさ

Yahoo!の株掲示板。textreamってやつ。今まで何度か見たことあるけど、改めてじっくり見ると

記事を読む

puread

Google ad


  • 管理人・吉田圭志(PN.ボンペイ吉田)
    いいパチンコ有限責任事業組合代表。

    90%が5年で潰れるといわれるパチンコ業界の個人事業において、新台レポートのみの単品商売を10年続け、2016年に黒字のまま無事卒業。

    元ヒキコモリ&ニートでありながら、最も古い個人日記・ブログを運営しつつ、都道府県遊協におけるセミナーで「日本一講師として呼ばれた男」に輝いた(2012年、2013年)

    趣味はパチンコ。ブログ。株式投資。ゴルフ練習。野球観戦。ロングドライブ。




PAGE TOP ↑