やべぇよやべぇよ

小難しい話を柔らかく

日経平均先物やべぇ

なんでまたこんなタイミングで月曜日が祝日なんだろうな。このまま行くと明日はブラックチューズデーだよ。おそらく日本政府は、東京オリンピック効果で消費増税の悪影響を吸収できると考えていた。しかし消費増税の悪影響そのものが予想より酷く、企業業績も予想より酷いところで、コロナウイルスにより経済活動そのものが止まり始めた。

韓国もやべぇ

なおアジア市場は全面安。韓国はそれこそブラックマンデー状態です。

大統領による事実上の終息宣言から一週間で感染者20倍だもん。そら国民もパニックになるわ。

韓国民は日本人より情熱的と言われるけど、割とすぐパニックにもなるんだよね。記憶に新しいのは狂牛病騒動。人気テレビ番組で「韓国人の95%は狂牛病にかかりやすい」「化粧品を使うと狂牛病になる」と放送されたのをきっかけに人々はロウソクを片手に広場へ集まり、3ヶ月間も続く大規模なデモへと発展しました。

ただ今回は大規模デモに発展することはないと見ています。なぜなら、集まれば感染の可能性を増すだけだから。

安倍内閣支持率もやべぇ?

選挙分析に定評のある三春さんのツイート。報道各社の支持率調査の分布を見ると、こりゃ不支持が上回ったね。モリカケ初期以来かな。原因は言うまでもなく、クルーズ船を始めとしたコロナウイルス対応でしょう。検査していない乗客を公共交通機関で帰宅させたり、船内で作業に当った厚労省職員をこれまた検査もせずに通常勤務させたりと、お粗末な報道を数多く見かけます。

「専門家の意見を聞け」と言う人は多いけど、私は逆だと思う。専門家の意見を聞いてるからこうなっちゃう。専門家は医学的な見地から「これはパンデミックです!全面隔離しなさい!」とは言わない。致死率は2%程度なのでSARSほどの警戒は必要ない、なんていう「正しいこと」を言う。結果、大したことはないというベクトルで対策が進む。

国民はそう考えません。治療薬のない疾患、広がる感染者、その「2%」に自分の子供が感染するリスクを考える。人間の感情をベースとしていないから政府への不満が増し、内閣支持率を落としたのではないでしょうか。

不安を煽るな!vs安全不感症

一方の韓国は事実上の緊急事態宣言を発令しました。危機レベルを最高へと引き上げて対策をする。ヤバいと思ったら最高まで引き上げて、大丈夫なら徐々に落とす。日本とは逆ですね。

ただ韓国の場合、自分達で「安全不感症」というように、制度や仕組みは作るんだけど運用レベルで失敗しまくる。ケンチャナヨ精神を発揮して手を抜いたり、予算を中抜きして不十分な装備で対応する。高速鉄道の信号を勝手に手動へ切り替えたり、受験に遅刻しそうな生徒のため道交法無視を大目に見たりする。

どちらが良いかは一概に言い切れませんが、日本は パニックこそ防げているものの、 「不安を煽るな!」という言葉に縛られて、心の底に粘っこい不安を蓄積させてるように感じます。これは容易には剥がれない。

感染症防止策がやべぇ

報道されたのは昨日だったかな。「え? 火曜日に発表なの? 遅くね?」と思った。省庁は三連休だからね仕方ないねというわけじゃないだろうけど、日本で最初の感染者が出てからもう2週間? 3週間? 基本方針を取りまとめるのってそんなに時間を要するんだろうか。

連休中に発表してくれれば民間企業も準備しやすいだろうに、まさかの連休明け。出勤してから「時差出勤をお願いします」とかやるんじゃなかろうな。

コメントする

小難しい話を柔らかく

Posted by epachinko