やきうを見られるヨロコビ ヤクルトvs阪神のオープン戦

ヤクルト優勝

ショートゴロを安心して見られるヨロコビ

オープン戦とはいえ同じセリーグ、しかも開幕戦の阪神相手となれば見る方にも力が入ります。

メジャーでゴールデングラブを獲得したこともあるショートのエスコバー。なんでもないショートゴロを軽快にさばいてアウトにしてくれる。一つエラーしたけどピンチにならず終えました。三塁は本来の正遊撃手の西浦ですから安定した守備を見せてくれる。

ああ、三遊間って大切なんだなと実感した。ショートゴロを安心して見られるなんて、大引をFAで獲得した時以来か。春先の打率は携帯電話状態(.090)だったけど、ヤクルトファンは文句を言わず「やっぱ守備いいわ大引ありがとう」って感じだったっけな。あの年は一時期最下位に落ちたものの首位を疾走していたDeNAが失速。混戦のまま読売を倒して優勝できました。あのときは畠山・川端・雄平がキャリアハイで山田もトリプルスリーだったかな。秋吉・ロマン・オンドルセク・バーネットと中継ぎ陣が完璧だった。

今年のオープン戦を見ていると、ベテラン石川は前回に続き完璧な仕上がりだし、ライアンも無失点に抑えてる。全体的には相変わらず細かいミスはあるものの、エスコバー加入による内野守備の安定と、バレンティンから塩見へ変わったことによる外野守備の安定は投壊を救う根っこになってくれるんじゃなかろうか。塩見は今年ブレイクするから見とけよ見とけよー。引っ張るのは○首だけじゃないからな!

阪神の課題、ヤクルトの課題

・・・・・・ってなことを考えてたら陽川にHR打たれた。こいつ絶対大物になると思ったのに、何でくすぶってるんだろうな。守備の安定といえば昨年ヤクルトと熾烈なエラー争いをした阪神もやはり課題を残してる感じ。2年目とはいえ木浪の守備はちょっとアレすぎんだろ。

・・・・・・お、ピッチャー秋山だ。仕上がりは良さそうよ。ていうか去年出てたっけ?? 一昨年あたりは全く打てなかった記憶。阪神はドリス・ジョンソン・メッセンジャーと優秀な助っ人外国人を失いどうなるかと思いきや、新加入のメンツが良さそうで今年も投手王国なのかな。まあ、阪神のテーマは「打」ですわ。大山どこ行ったんだろう。守備は完璧なだけに大山がHR20本以上打つようになれば怖いチームになる。大ベテランの福留や糸井に頼ってちゃイカンでしょ。

そう考えるとヤクルトも阪神も若返りの最中なんだろうね。うちは青木、雄平の後釜をどうするかという問題がある。さらに阪神とは違い投手壊滅という大問題がある。どう考えてもBクラス確定の最下位争いになるのだけれど、山田は来年出て行くだろうし今年はどうにかAクラスになってほしいなぁ。

コメントする

ヤクルト優勝

Posted by epachinko