やっと語れる「炎のドラム魂@ニューギンが稼働しないと言いきれる理由」

ボンペイnote500

1,000円あたり18回転、5,000円でギブアップ

初当り1/440で放置してあったので座ってみました。 巷で噂されている設定1否定の判別方法を試してみたものの、台枠のランプが故障しているのか光りませんでした。

導入初月は設定456なんていう噂もあります。ゼウスパネルとプライベートブランドパネルとでは違うのかな? よく分からんけどつまんなかったよ。回らないドラム機なんて面白くも何ともない。当らなかったし。仮に設定6でもボーダー以下なんで打つ理由がない。むしろ5,000円まで打ったことに感謝してほしいレベル。

だってさ。万が一、設定1だった場合はボーダー千円48回だからね? -30回の台を打ち続けるのって、餌の無いゴキブリホイホイに突入するようなものだからね?

それでもある程度の感想は書けました。もちろん「回らないからクソ台!」などという低レベルなコラムではありませんので、興味のある方は500円でご購入ください。発行済みの他7本のコラムもセットで読めるので、週末の外出自粛にどうぞ(既に購入済みの方は無料でご覧いただけます)。

→【こちらからも購入可能

皆さんの感想と同じだったでしょうか、違ったでしょうか。「ニューギンのドラムが持つ特性」については私らしい感想じゃないかと思っているので、その辺に賛同いただけるととても嬉しいです(´ ゚∀゚)

購入された方へお願い。購入してない人との回し読みやコピペはご遠慮ください(法人向けnoteは除く)。ワンコインですので「大人ならちゃんと買って読もうね?」とお伝えいただければ幸いです。

コメントする

ボンペイnote500

Posted by epachinko