_新着記事

法人向けボンペイnoteのお誘い

法人向けnoteの誘導サイト作った ホールさん、メーカーさん。noteはいかがで ...

9月17日(一部9月16日後半)のツイート

政治経済 社会日常 ヤクルト最下位脱出! オタク・インターネッツ パチンコ関連

ここ24時間の人気記事


サイト運営者向けポリシー アダルトコンテンツ

ブログ・SNS

最近やたらとGoogle先生からお手紙が届く。

メールを要約すると「記事を消す必要は無いけど、あんたんとこのこの記事に対してアダルトだとして広告掲載を見送った広告主がいるよ」という話。

エロネタならともかく、最近は謎解きみたいな話になっていて。

例えばこれ。

エロ成分0じゃん。

水樹さんのイラストは「絶唱しないシンフォギア」なので露出ないし、何が問題なのか全く分からなかった。

まさかと思い以下の部分を修正。

・青い娘 → 青い子(娘を子に変換)
・だっ↑きし → だっ↑
(きしめるを削除)

審査に出したところ「違反箇所は見当たりませんでした!」という返信が来ました。

いやいやいやいや。

謎解きかよ。

他にも二つほど違反通知が来まして。もはや謎解きも面倒臭いのでそのまま審査に出したら「違反は見当たりません」と返ってきて仰天ですよ。修正ゼロなのにOKなの? それってつまり広告主の意見は審査せずそのままブロガーに渡してるってことよね? 

そりゃGoogleからすれば貴重な収入減だからイザコザは避けたいだろうから仕方ないのだろうけどさ。

色々と試してみて思ったのは、

・難癖に近い物も多い
・3次元より2次元が敵視される
・広告主の立場を利用してブログ主へ圧力をかけられる

という点。アドセンスはYouTuberの収入減でもあるから、うまいことやれば気に入らないYouTuberを黙らすことだってできるかもしれない。




コメントする

ブログ・SNS

Posted by epachinko