【追記あり】悪い話と良い話と悪い話がある

家ネタ

悪い話

信用枠全力で日本株を仕込んだ夜、NYダウ大幅高でクッソ喜んでたら、わずか20分でマイナスに転落し、そのまま日本も三日連続の下落。

良い話

銘柄選びが良かったのか、数を減らしながらも保有し続けたダブルインバースが効果を発揮したのか、前日比で資産微増の奇蹟。

ソフトバンクGを手放す。こいつだけで8,800円も損した。その余力で富士フイルムを買った。

悪い話

母の入院先から電話が入る。今夜、医師と話すことに。

日本医科大学千葉北総病院

病室から毎日更新されていた母のブログは一昨日の昼11時を最後に更新されていません。着替えを持参するもベッドから出てこず、看護師の話では抗がん剤による副作用がピークに達しているとのこと。もはや食べ物を一切口にできなくなっているそうだ。

治療開始から10ヶ月で体重を3キロ増やすほど食欲旺盛だったのに、薬を変えるだけでここまでになるとは。2週間に一度の抗がん剤で、1週間以上も副作用が続くのか。

ここでふと疑問を覚えた。副作用による尋常ならざる吐き気が2週間続くのだとしたら、母は今後、生きている限り副作用で苦しめられる。食べ物も飲み物もロクに取れず衰弱し、ガンに負けるのではないか。

「医師の見解を聞きたい。副作用が収まらないまま次の抗がん剤を投与するならば、本人の意向を聞かぬままでは家族として承服しがたい。退院の予定すら立たない中、今後どのような治療を行うのか。『コロナウイルスの危険があるから患者と面会できません』というならば、せめて何らかの説明をほしい。全面的に信用しているからすべてお任せしてきた。これからも信用したいので、現在の状況と数値を説明してほしい」。

昨日そう伝えたところ、今日の夜に医師と面会する運びとなりました。早い対応に感謝しつつも、手術や外来診療で忙しいのは分かるが、10日間に渡って家族へ何も説明しないのは「ナシ」だろう。

コメントする

家ネタ

Posted by epachinko